2010年 09月 29日
完了
先日から懸案になっていたダクトスペースの断熱工事だ。当初予定した発泡ビーズの充填はうまく中まで入り込まない可能性があり、またセルロース繊維の吹き込みはバカ高いので、結局職人さんたちが狭小スペースに入り込んでスタイロフォーム板を貼付けていく方法が確実でいいだろうということになった。これはこれで大変な作業だ。ダクトスペースは全部で7カ所。内一箇所は断念。しかし6カ所でも昨日4人今日3人の結構大きな工事になった。

c0215738_2119652.jpg

外に張り出した狭いスペースに小さく壁に開けた窓から40cmほどの奥行きのスペースの中に作業する方が入る。中は太いダクトが入っているので板を切って小さくして入れていかなければならないから大変だ。施主も入ってみたが、脚がつりそうになった。

c0215738_21194043.jpg

スペース内部。たしかに何も断熱されていない。


c0215738_6441044.jpg

50mm厚さのスタイロフォーム板を切って壁にはめ込んで行く。継ぎ目の部分はハンディフォームなる発泡ウレタンで、隙間をうめる。

c0215738_21232370.jpg

内部に貼り終わったらまた入り口に50mmスタイロフォーム板を2枚重ねて貼って蓋をする。現場監理のNさんが持っているのが発泡ウレタンスプレーとガンだ。ここもキチンと封止する。
これらの一連の作業を行った箇所が都合6カ所会ったのだから4人で二日がかりもうなずける


c0215738_214714100.jpg

石膏ボードを貼って壁紙で修復だ。終わった後は、どこが開口部だったかちょっと目にはわからない。壁紙屋さんもさすがにプロだ。継ぎ目のわからない貼り方を教えてもらった。いざとなったら自分でもできるようにするためだ。白い二つの箱は太陽電池のDC-DCコンバータと思われる


これで断熱にやましいところは一つもなくなって冬を迎える事ができるというものだ。
「ここまでやらなくても」とあるいは思われたかもしれない。しかし、施主の偏執狂的こだわりにいやな顔一つせずつきあってくれたのだ。今回の断熱漏れの話は、現場にいながらちゃんと指摘しなかった当方にもやましいところはある。しかし、そのことは一言も言わず、あるいは「そこまでやらなくても」とか「本当に必要ですか」などとも一言も言わず、計画から施工まで大変な工事を責任をもってやって頂いたハイレンハウスさんにはただただ感謝するのみだ。
開閉がこのところの雨で少しおかしくなっていた二つのテラスドアと窓一つも調整していただいた。おまけに庭いじりでこちらが掘り出したガラや石ころまで持って帰ってくれたのだ。
これをもってわが家の工事も本当に完了したわけだが、これでNさんも来なくなるかと思うと、寂しい気がしたりするのだった。ホントお世話になりました。
と思ったら、来週24時間換気装置のブロワーに防振ダンパーを取り付けてくれるそうだ。夜間切っているので忘れていた。ちゃんと覚えていてくれた。あとバルコニーのデッキを見積ってもらおう。バルコニーの手すりが高過ぎるので床の方を持ち上げるのだ。住宅エコポイントで工事してもらえるといいのだが。。。


英語のブログも書いてます
Small Talk in English 英語で話そう
[PR]

by toshiohm | 2010-09-29 22:17 | 断熱


<< 床下の湿度      太陽電池考(3)分散パネルの総... >>