カテゴリ:解体( 1 )

2010年 01月 27日
旧地下室跡
解体場所から地下室の解体ガラが出てきました。恐れていた事です。今回解体した父が建てた家の前に祖父が建てた家にあった地下室です。父が建てたときに解体屋が解体してそのままガラを埋め込んでしまったものらしいのです(その方が安いから)。どうも地下室はレンガ造りで、天井部分だけ鉄筋コンクリートづくりだったらしく、両者の混じり合ったガラになっていました。
昨日解体会社Aさん、ハイレンハウスのS社長との三者会談を現地で行い、対処方法を検討しました。地上へ1メートル程露出した地下室だったので、地上部分だけ壊しておそらく地下部分は地上部分の解体ガラとともにそのまま埋められて残っています。問題はこの部分の地耐力が強いにしろ弱いにしろ、他の部分と異なると、不同沈下などを引き起こしうる事なのです。この地下室が新築の家の内側に位置していれば良かったのですが、運悪く角部分に位置しています。その他にも昔池があったと思われる部分付近から大きな丸石なども出てきました。
S社長の話では、「最終的には地盤の保証会社が保証するために必要なことをやらなければならないので、交渉事になります」、ということでした。おそらくサウンディング試験で地耐力を測れるところだけ、できるだけ多く測って(地下室が埋まっているところや、大きなガラの埋まっているところは測れないらしい)、その結果を見ながら、基礎をダブル配筋にするなどのやりようはあるとのことです。幸い関東ローム層が数十センチ下には見えていますので、全体的な地盤は良い可能性が高いとも。。。きっと費用の発生することなので、ここはもうS社長の地盤保証会社との交渉力に期待するしかありません。地下室跡は50センチ程ガラを掘り返して撤去しそのままの状態にして、地盤保証会社の判断を待つということになります。
それはそれとして、2週間もかかっている解体工事もようやく終盤にさしかかり、あとはもう一つの難関である、大谷石の石垣の撤去を待つのみとなりました。大谷石の石垣は隣家の塀と接しており、内側の土を掘削してからあいた内側へ撤去するしかありませんが、その際、石垣の土台に建っている塀を傷つけないようにしなければなりません。重機を操作している、しっかりした感じのお兄ちゃんによろしくお願いして帰ってきました。

英語のブログも書いてます
Small Talk in English 英語で話そう
             
[PR]

by toshiohm | 2010-01-27 10:11 | 解体