カテゴリ:はじめまして( 2 )

2009年 10月 31日
ご紹介
c0215738_2358071.jpg過去の事を思い出しながら書いていますので、今まで書いて来た内容は実は現在に追いついていません。来週中には追いついて、リアルタイムの進行になるはずです。

今日はお世話になる(なっている)方々のご紹介です。上の写真はハイレンハウス営業のAさん。32歳独身。今日は現場をまわって来たという事で作業服で照れながら写真におさまっていただきました。いつもはスーツ姿です。かならず、こちらの言った事を覚えていて、実行してくれるのでホント頼りになります。今日初めて宿題を一つ忘れましたが、ご愛嬌というところで...太陽電池の据え付け工事の担当もされてます。ライフスタイルプランナーとも名刺に書かれてますが、これは何?今までも散々お世話になってますが、これからますますお世話になります。

c0215738_0153156.jpg下の写真は設計を担当していただいているSさん(皆さんS先生とおよびしているようですが、どうも人を先生と呼ぶのは小学校以来苦手なのでスミマセン)。スタジオ果蔵(かぐら)という設計事務所を経営されています。本当のプロフェッショナルです。何を聞いてもすぐに答えが返ってきます。それまでに話をしたどこのHMも指摘してくれなかった3階建ての問題点(縦穴区画の問題)を最初に指摘してくれたのもSさんでした。母曰く「少し口べたな感じが誠実そう」。法律の事、構造の事、システムキッチンのサイドパネルのことまで、偉ぶったところも全くなく話しやすいので、何でもきいてしまいます。これからもうるさがらずに聞いてやって下さい。

考えてみると、一番最初にハイレンハウスを訪問したときにお二人とお話をし、その帰りのクルマの中で家内と二人で「ここがいいかもしれないね」と言ったのを思い出しました。その通りになってしまいました。第一印象ってけっこう当てになるものかも。。。今後ともよろしくお願いします。
[PR]

by toshiohm | 2009-10-31 01:03 | はじめまして
2009年 10月 07日
はじまり
ホントにこんな事ができるんか? エアコン一つで家全体を快適温度にするなんてー。

できるんです... 理論的には... 
例えばQ値1に設計できれば
200m2の延べ床面積の家で、
真冬室内と室外温度差が15℃あるとすると

3KWの暖房能力の一般用エアコンで足りる

計算になります。現在エアコンのCOP(投入する電力のの何倍の暖房が得られるかという値の事)は少なくても3あります。そうなると1KWのエアコン一台で事足りる
というありがたい計算になります。凄まじきQ値低下の威力!
でも、実際こううまくいくんでしょうか。。。挑戦します。

家を建て替えようと思ったのは、およそ一年半前。地震の恐怖からでした。現在の家は築38年。かなりしっかりした家ではありますが、なにしろ古い建築基準で建てられたもので、関東大震災級の地震に耐える自信は全くありませんでした。新築にあたり、以下の目標をたてました。

エアコン一台で済ませる超高断熱住宅
どうせ建てるなら、最高にエネルギー効率のいい家を建てたい。今の家の断熱がどうなっているのか定かには分かりませんが、夏の2階の地獄のような暑さを考えると、きわめてプアなものであると考えられました。エアコン一台で全館が空調できる程の断熱性を持つことをコンセプトの第一に掲げました

眺望
家はもともと高台の立地で、西側に富士山が見えました。しかし、隣家が建つと、その屋根が丁度二階の居間からの眺望を妨げてしまい、今見えるのは苔の生えたスレート屋根の表面だけで、夏期にはそこからの熱の輻射で居間が蒸し風呂のように暑くなりました。そこで、新らしい家は隣家の屋根を越える高さの居間をつくることを第二のポイントに挙げました

耐震性
もちろんこれが動機ですが、調べていくと、現在の基準で建築すればいかなる工法の住宅でもほとんど問題ない事が分かりました。(もちろん「より安全」という観点での優劣はありますが)。免震構造も魅力はありますが、ベアリングを使うものやt防振ゴムを使うものなど、20年、30年という年月の間の信頼性に疑問があったので(それと高いので^^)検討からはずしました。
さて、ここから長い長い検討と勉強の旅が始まりました。続きは明日。
[PR]

by toshiohm | 2009-10-07 11:06 | はじめまして