<   2010年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

2010年 06月 30日
ビルダー倒産事件
引き渡しを2週間強後に控えてOH邸は9割がた完成しているように見える。しかしまだ支払いは4割方だ。これは最初の支払い条件を木工亊完了時に3割、引き渡し後に3割というように圧倒的施主有利な条件でやっていただけたからだ。
富士ハウスや大勝建設などビルダーが建築半ばで倒産した時の施主のおかれた状況は悲劇という域を越えている。自分の家の建築期間中に少しでもその恐れがあれば、とても枕高くして寝られないだろう。しかしこの支払い条件とK建設が保証人になってくれたお陰でOH邸の施主は毎日熟睡していたのだった。
本当は完成保証もつけてもらうはずだった。しかし、だ。この会社を知るにつけ、この会社は潰れないだろうという、いささか薄弱ではあるが確信めいたものがうまれてくると、完成保証にかかる10万円がムダなお金に見えてきた。そしてさんざん営業のAさんに手続きをしてもらったあげくに、最後の最後完成保証はやめることにした。ムダな事に支払うお金は百円だってないのだ。そしてこれは結果論的に正解だった事になる。
倒産した大勝建設とは青山と柿の木坂のショールームで2回も話をし、見積もりまで出してもらった。そこの営業はやり手風の男でどこか胡散臭く、どちらかと言えば純朴風なハイレンのAさんとえらく違っていた。いつだったか「お宅(大勝)は倒産しないんだろうね」とその男に聞いてみた。
「ウチは適正利潤をいただいていますので大丈夫ですよ〜、ハハハー」
だった。いつの世でも最後に「ハハハー」で終わる男は信用できないと相場が決まっている。相場通りだった。
大勝の社長に会った事はないが、彼の書いたパンフレット等から察するに、大言壮語してそれをリーダーシップであると固く信じて疑わないタイプの人間と見受けられた。その通りだった。彼の書いた「マニフェスト住宅」には賛同するところも多かったのだが、今思えばこれは建築業界の胡散臭さを利用した、胡散臭い男の、胡散臭い戦略だったのかもしれない。
一生に家が何軒も建てられる人を別にすれば、ビルダー選びは絶対に失敗できないし、しかもこれは自己責任だ。だからこそ倒産の可能性が小さいと思われる大手を選んでしまう人の気持ちもよーっくわかる。ただ、それによって本当にいいビルダーが消えていってしまうことは、結局は施主側の選択肢をせばめ、高くて画一的な家に満足せざるを得なくなってしまうことにもなるのだ。
自分の気に入ったビルダーが見つかれば後は自分がどう転んでも安心という条件をそのビルダーに呑んでもらえるかどうか、ではないだろうか。かといって完成時に一括支払いは、ビルダー側に荷が重すぎるだろう。ビルダーが他から購入する材料費位は最低でも施主が支払っていくような気持ちが必要ではないか(世の中には金利というものがあるのだから、必ず余分な出費になり、それは施主側が最終的に見えない形で支払う事にだってなるかもしれない)。これも話し合いの問題だが......

英語のブログも書いてます
Small Talk in English 英語で話そう
[PR]

by toshiohm | 2010-06-30 17:30
2010年 06月 29日
80人工
毎度レンガねたで申し訳ないが、これにはちゃんとしたワケがある。なにしろ80人工かかっているのだからそれ相当の扱いをしなければ申し訳ないだろうというワケだ。
この数字は二人で働いて40日かかることを意味している。80人つれてくれば一日で済む計算だが、さすがに人が多すぎて足場に登れない人まで出てきてしまうだろう。いずれにしても驚くべき仕事量だ。
実は迂闊にもつい最近まで施主はバルコニーの手すりの内側までレンガ張りとは知らなかったのだ(写真)。これは少しばかり塗り壁にしても金額的メリットがないということもあるらしいが、なによりも立派に見えるのだ。一時はなんとムダな事をと憤った施主だが今ではそれは深い感謝の念に変わっている。
c0215738_16523924.jpg

英語のブログも書いてます
Small Talk in English 英語で話そう
[PR]

by toshiohm | 2010-06-29 17:23 | 建築
2010年 06月 28日
引渡し期日
来月の15日に家の引渡しをしてくれることになっている。なにしろこちらは仮住まいで、安いとは言え家賃を支払っている身。その後の引越し等を考えれば、ちゃんと引き渡してもらわないと家賃を余分に負担することになってしまうのだ。この辺はどっちの責任になるんだろうか?
実はそれだけではない。交換留学生が29日から滞在することになっていて、それを仮住まいで受け入れることになってはさぞ大変なことだろう。まあ確かにこれも運命と思って甘受してもらうという手はある。日本的諦観のありようを西洋人が身をもって嫌というほど学ぶことこそ来日の真の意味があるというものかもしれないからだ。
いや待てよ。そのためにどうせ引き払う部屋を片付けたりなんだり限りなくめんどくさそうだし、しかも滞在中に引越しなんてことになると、何しに来たかわからなくなったりするかもしれない。個人的には手伝いが増えたようなもんだからいいのだが、英語で命令して誤解でもおこるとまずい。また留学生に働かせるなんて、受け入れ団体が「事故でも起こったらいったいどうする気ですか」って言う気もするのだ。事故など何をしてても起こるもの、だし、何をしてても起こらないときは起こらないものだ。と言い放つほどの度胸もない。
やはり、ちゃんと期日どおり引き渡してもらって新居で受け入れ、というのが最初の予定通りでもあり、すっきりしているのだ。ただ、あまりあせらせて事故がおこったり、仕上がりが変になったりするのも困る。あせらないで、期日どおりにやってもらうというのが当たり前だが納得のいく結論だ。何が言いたいのかわからなくなってきた。あしたNさんにちゃんと聞こう。

英語のブログも書いてます
Small Talk in English 英語で話そう
[PR]

by toshiohm | 2010-06-28 18:10
2010年 06月 27日
床貼り
c0215738_7575254.jpgついに床貼りが始まる。というか殆ど終わっていた。ウォールナットの無垢だ。S社長が探してきたという、とびきり安価なものだが、われわれ節穴の目にはどうして安いのか全くわからない。固定資産の査定官にはぜひ見抜いてもらって税額に反映させてもらいたいものだ。
一階は床暖房の関係で貼り合わせ品だが、そちらの方がずっと高いのだ。ちなみに個人の部室はほぼ最低グレードの貼り合わせ品である。見えないところを安く済ませる。家造りの鉄則だ
接着剤を塗り、敷かれた床材の側面にある溝にこれから貼付ける床材の出っ張りをトントンと金槌で叩いてはめ込んでいく。すでに貼り終わった部分にはカバーがかけられている(右側)

c0215738_7584559.jpg
先日書いたアーチ部分のレンガタイルが貼り終わっている。曲線と直線の交わる部分でレンガをカットして形状をあわせているのがわかるだろう。実はアーチ部分は二カ所あるのだ。うーん、とてもツーバイとは思えない桁外れの風格だ。だからこそ固定資産査定官には安いレンガであることを見抜くだけの力量をもっていて欲しいのだ。もちろんこちらもほのめかすつもりだ。

英語のブログも書いてます
Small Talk in English 英語で話そう
[PR]

by toshiohm | 2010-06-27 08:08
2010年 06月 24日
曲線
「ここは曲線にしてよ」「....わかりました」
この一見無邪気な会話の結果が下の写真だ。これにかかった作業を推定してみると、曲線状の枠組みを切り出して作る。曲線の下端をつける。レンガタイルを曲線状に並べる。このレンガの支えをつける(レールがないから)。水平配列のレンガと整合させるレンガを一枚ずつ曲線にあわせてカットする。まだあるかもしれない。直線の場合と比べてどれだけ大変なことであろうか。
確かこの部分の追加費用は発生していない。ただただ申し訳なく。無知ほど恐ろしく、また強いものはないのだ。
c0215738_942371.jpg
    玄関ドアをあけて外を見るとこうなっている。アーチ上(曲線)にしてもらった。

英語のブログも書いてます
Small Talk in English 英語で話そう
[PR]

by toshiohm | 2010-06-24 09:05 | 建築
2010年 06月 23日
床下
以前から気になっている事が一つ。床下を外に対して密閉しているので床下環境がカビや腐朽菌のパラダイスになっていないかということだ。このたびめでたく現場管理のNさんが匍匐前進により床下を巡回、湿り状況をチェックしてくれたのだ。その結果は「乾いていましたよっ」だった。カビ臭いにおいもなかったらしい。床下排風機も取り付けてくれた(写真)。この吹き出し口はシューズクロークに開いている。これならシロアリが大好きな環境というわけでもなさそうだ。基礎外周部に設けたシロアリ撃退バリアと相俟って当面は安心だろう。
だいたいこの時期は床下を通風する方が床下は湿る。なぜなら、巨大な熱容量をほこる基礎コンクリートと、これまた熱容量の大きい地面がまだ冷えており、湿度の高い外気が流入すれば結露したりそれに近い状況になってしまうからだ。アイスコーヒーのグラスが水滴で覆われてしまうあの理屈だ。だから今回の結果は当然と言えば当然だが、なんでも証拠をこの目で見るまで安心はできないものだ。
一階の床には吸気孔を数カ所設けてあって、この排風機(2台)により床下全体の通風が可能な構造にしている。床下は屋内環境の一部に組み込まれているから大事なのだ。大手ハウスメーカーに依頼していたら、床下を屋内の一部にするなど変人扱いされたであろう。小回りのきく小さいメーカーならばこそ、だ。
ちなみにこの匍匐前進、お腹まわりの相当ふくよかなNさんでも全ての箇所に到達可能であったとのこと。いざとなればゴキブリの退治位は自分でも潜っていってできるだろう。

c0215738_9294890.jpgc0215738_9303146.jpg
         床下                 排風機、かわいい立ち姿だ


英語のブログも書いてます
Small Talk in English 英語で話そう
[PR]

by toshiohm | 2010-06-23 09:31 | 基礎
2010年 06月 22日
すきま風
C値は概略の外壁一平米あたり、何平方センチの隙間があるかを示すもの。要するにすきま風指数みたいなものだ。ハイレンハウスはアイシネン施工が基本であり、隙間は発泡ウレタンが埋めてくれることになっており、実はC値に対してそれほど気にしていなかったのだ。C値1程度は出ますという事も聞いていたので安心もしていたし。
ところが、だ。先日ハイレンハウスで建築した方のブログを読ませてもらっていたところ、建てた家(冬に竣工)が寒いと言っておられるではないか。原因を探したところ、なんと窓枠の下からのすきま風だった! これを塞いだら暖かい家になったというが、これは何だ??? これじゃ断熱にいくら高いカネ出しても全部むだではないか? 
早速ハイレンハウス側の申し開きを聞く事に。この件の原因は何で、どう対策されて、どうわが家に反映されているのか、と。
原因はまず、このお宅がハイレンの標準2x6外壁でなく、2x4を採用された事。細かい説明は省略するが、要はテラスドア枠と床との間に通常隙間なくかませる板材が2x4ではかませらなかったことによる。それでも通常ならそんな事故は起きないのだが、このときは事情により、窓を設置したときと内装で施工業者が変わったかららしい(現場監理は何をやってたのかということになるが。。。この時はNさんではなかった)。
で、わが家の場合はというと、もともとこの二つの原因が排除されている(現場監理もしっかりしたNさんに代わっている事を考えれば3つだが)から安心ということになる。
気になるのは、このお宅の場合、家が暖まらない程のすきま風があってもC値測定で2以下というハイレンハウス基準を満たしていたということだ。一体C値って何なんだ? 2でこれなら、それでは大手メーカーのC値5以下(次世代省エネ基準がこうなってるからこうしてるんだろうが)という基準は、高気密住宅と呼んだら殆ど詐欺ではないか。一平米あたり5平方センチの孔が開いてりゃ気密と呼べない事ぐらいはわが家の馬鹿犬のクーちゃんだってわかる(わからないか^^)。教訓としては、やはりC値はできるだけ低くしなくては、という極めて定性的で精神論的な方向が示されただけだ。精神論というならわが家の場合はせめて今からでも窓枠等のコーキングをさらに根性で行ってもらうことをお願いした次第、(本日行ってみるとたしかに実施されていたのを確認)。後は測定結果を待つのみ、か。
確かに構造上、現場発泡ウレタンの吹き付けはC値をとりやすく、窓の取り付けさえ気をつければ良さそうなことがわかるが、それで達成できるのは1前後なのかもしれない。C値というのはあくまでも平均値であって漏れのある部屋とそうでない部屋が平均化された数値である事も気にしなければならない。部屋間の温度差が出てしまうからだ。そう考えると平均値で管理する限り、C値は1に満足してはいけない。そこからもっと性能をあげようと思えば、もう一つ気付きのレベルをあげなければならない。どこをもって気密の最終防衛ラインとするかの思想も当たり前のことながら大事なように思う(内装材と窓枠との間をコーキングしてもその裏(外側)で窓枠と窓枠をはめ込む枠の間に隙間があれば殆ど意味はない。内装材は内部では継ぎ目でどうしてもリークしその継ぎ目の長さは途方もなく長い)。
C値向上がいかに大変か、ハッピーさんの施主施工^^ブログが大いに参考になる。



英語のブログも書いてます
Small Talk in English 英語で話そう
[PR]

by toshiohm | 2010-06-22 14:46 | 住宅建築の問題
2010年 06月 19日
施主支給(2)
Case 3
オーニングの場合
オーニングも高い。少しでも安くとエクスショップなるインタネットショップで購入することに。ハイレンはTOSTEMから購入することになるので割高で、ネットの50%引きには勝てない。ものだけ買って取り付け工事をハイレンでやってもらうのと、このショップで工事までやってもらう場合を比較。取り付け工事キャンペーン中で工事費が2万円引きの、ショップにお願いする。
先日取り付け工事業者が工事費用見積もりをかねて現場調査にやってきて、「これなら簡単」と言って帰っていった。簡単なはずで、ハイレンハウスの方でオーニングを取り付ける軒を頑強に補強して、どこに固定ネジを打ってもいいようにしていてくれたのだ。また、工事監理のNさんもこの調査に立ち会ってくれている。
やはりやはり施主支給はこういう部分でビルダー側の負担が確実に増えている。この件でハイレンから請求されたのは電動スイッチの配線工事だけ。こちらからすれば本当にありがたいことだ。

Case 4
ベランダ手すりの場合
ベランダ手すりもめちゃくちゃ高い。ので、例によって他であたってみた。町の鉄工所に毛が生えたようなメーカーの殆ど毛の抜けてしまったオヤジさんにいろいろ相談して、ハイレンハウスの見積もりの半額程で作ってもらえそうな見込みができた(鉄製亜鉛メッキ品)ので、工事監理のNさんに相談したところ「これはうちでやらせてもらえないですか。この部分は防水にかかわる大事な部分なのでへたなものは使いたくないので」。ということで、ハイレンの当初の見積もりを大幅に減額してくれることになり、じゃあこれでいきましょう、になったのだ。
ハイレンハウスはもともと防水専門。防水に対する並々ならぬ執着を感じた次第で、変なものを取り付けられてしまうと漏水に対しての責任の所在がうやむやになってしまうということではないか。こういう場合は施主支給はやめましょう。

c0215738_10114865.jpg


c0215738_1015343.jpg写真上:オーニングはテラスドアの上につきます。オーニング取り付け業者の方々です。エクスショップで応対してくれた女性スタッフ「オーニング取り付け工事は全て新築工事が完了してからでないと行いません」の一点張り。たとえ一度貼付けたタイルをはがさなければいけなくても、だ。なにを寝ぼけた事言ってんだ。工事業者に聞くと、「あー、奴らは現場何もわかってませんから。」

写真左:レンガタイルに目地が入りました。目地の色も良かった。でも大変な作業だなぁ。あれっ?上一枚欠けているのはなぜ?


英語のブログも書いてます
Small Talk in English 英語で話そう
[PR]

by toshiohm | 2010-06-19 10:19
2010年 06月 17日
施主支給
施主支給
Case 1 棚板の場合
当初見積もりに入っていたAICA製の棚板がバカバカしく高いのでゴムの集成材をインタネット販売でマルトクから購入して支給する事にした。価格は1/3以下になる。ここまでは正解。これを営業のAさんに伝えたがここで誤解が生じた。このときの経緯はよく覚えていないが、「AICAのは高いので支給したい」とはっきり言った事は記憶している。彼は全ての棚板を支給と勘違いしたらしい。要するにシナランバーコア(高級ベニアみたいなもの)まで施主支給と思ってしまったのだ。その後の見積もりを見直してみると確かにこの部分まで施主支給に変わっている。しかしこの部分が変わった事の説明はなかったと記憶している(あればこちらも気がつくはずだから)。こちらも分厚い見積書の全てを見直すわけではないし、ハイレンハウスを信頼し始めていたのでそのままになってここまできてしまったという事情。先日そこの部分に誤解があった事が明らかになり見積もりを受けとる。経緯を考慮してぎりぎり安くしたということだが16万強(棚が多すぎるのか?)。これは痛い。これがもっと早くわかっていれば他の部分でもっとコスト削減を図ったはずであるが、今からでは手遅れ。施主の意図を汲まなかったビルダー側と、汲んでくれていると勝手に信じ込んでいた施主側。このあたりの責任の所在と信頼関係。支給のむずかしいところだ。安くしてくれたとは言え、どれくらいなのかわからないしこちらからするとまだ釈然としていない。

Case 2 照明の場合
照明も、例によって照明会社が異常に高い定価を設定して、値引きした見積もりを工務店に持って行き、いくらだかわからない利益を工務店が勝手に載せて施主に請求する胡散臭い商慣行。これがいやで他で購入して支給することにした。しかし、施主支給もだんだんめんどくさくなってきて、先日営業のAさんに「施主支給しないと実質いくらぐらいになるの?」と聞くと、定価の50%くらいとの答え。施主支給として見積もった金額も50%をわずかに切る程度だった。なんだ、これなら施主支給する意味はないかもしれない。

Case 1 の場合は金額的には施主支給は正解。ただこのような事故が起こりやすいので十分に双方で注意しなければならない。とはいっても、施主側は家造りなんて初めてだから行き届かなくても仕方ない面もあると思うが。。。
Case 2 の場合はまだハイレンハウス側の見積もりが出てきていないのでわからないが、同額であれば何も苦労して施主支給する必要はない。まず工務店経由の見積もりを取ることをお薦めする。
ただ、施主支給はビルダー側(特に工事監理の方)の負担を大いに増やしている事は確かで、取り合いを考えてもらっている事にこちらも感謝しなくてはならない。工務店側から発注すれば納入業者にいろいろやらせることができるところを、工務店自らやらなければならないことも多々あろう。施主支給を工務店が嫌がる理由はこの辺にもあるのかもしれない。



英語のブログも書いてます
Small Talk in English 英語で話そう
[PR]

by toshiohm | 2010-06-17 09:34
2010年 06月 16日
事故
大変残念な事ですが、現場で事故が起こりました。作業員の方が足場から転落し、頸部と手首を骨折するという大きな事故で救急病院に入院という事態になりました。幸い後遺症も残らずに回復される見込みということなので、胸をなでおろしました。しかしこれから最低一ヶ月は首を動かせない状態が続くそうです。労災認定されるため、入院費や所得は休業中補償されるようですし、現場監理のNさんも毎日お見舞いに行ってあれこれ面倒を見ているようです。その点ではとりあえずよかったよかったですが、一刻も早い回復を祈ります。原因は本人もよく覚えていないし、目撃していた人もいないのでよくわかりませんが、どうも足場と横木の間(写真参照)からしゃがんだ状態から転落したのではないか、とのことです。
ハイレンハウスは安全にかなり気を遣っているのが見て取れるのですが(作業終了時の現場もきれいですし、足場なども自分で上がってみると、ぐらつかないかなり安定した構造のものを使っています)、昨日現場に行ってみると二階へ上がるはしごの横に手すりが仮設されていたり、足場の手すりが増やされていたりしました。
監督署の指摘があったのでしょうか。
この件に関して、S社長、現場監理のNさんから丁寧な謝罪をいただきましたが、こちらとしてはいかんともしがたく、ただただ、今後こういうことのないようにおねがいするだけです。

c0215738_1654932.jpg

上から2段目の足場から転落したとのことです。かなり高いです。

英語のブログも書いてます
Small Talk in English 英語で話そう
[PR]

by toshiohm | 2010-06-16 16:07