<   2010年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

2010年 07月 27日
全館空調
全館の空気を積極的に循環させる装置として、全館空調を採用するというアホらしい選択をした、いや、せざるを得なかったわけだが、現在この全館空調(空調機としても使用)は完璧に機能しており、外は地獄の業火に焼かれるような猛暑にあっても、家の中はまるで何事もなかったかのように一日中高原の別荘にでもいるような感じ、なのだ。現在26℃設定で全ての部屋の温度差が日中の最も暑い時間帯でさえ、最大0.7℃という驚異的に平等な状態を維持している。
この空調機は定格5馬力即ち4Kw弱であるが、例の35℃という記録的猛暑の中でも700m3(納戸、床下含む)を越える屋内空間を26℃に余裕で保つのだから、おそらくまだ自分の能力を全て出し切っていない状況である(定格に達していない)と希望的には思われるのだ。
これは高度に断熱したお陰である事ももちろんだが、計算上では日射を制限したことによる効果の方がむしろ大きい。OH邸は断熱のために窓の大きさを犠牲にはしなかった。故に窓が総計約38m2にもふくれあがってしまっているから、窓からお日様が自由に入り込めるようにしていたら如何に屋根や壁を断熱しても最大数Kwの日差しが忍び込んでしまうことになっただろう。
c0215738_18555532.jpgc0215738_18565731.jpg
c0215738_18575169.jpgc0215738_18582941.jpg

一番の立役者は外付けロールスクリーンだ(トステム製)。オーニングと比べれば価格は1/5程ですむ。写真のように、眺望を完全には遮蔽しないしとても明るい。下の二枚の写真ではよくわからないかもしれないが、スクリーン越しの光に手をかざしてみると、光はほのかに暖かさを感じる程度にまで減衰しているのだ。
「エアコン一台ハウスへの挑戦」のサブタイトルで全館空調では、なんだか詐欺の様な話だ。4Kwのエアコン1台ですんでいるじゃないか、と大人げなく言い張ってみる事もできるかもしれないが、やはり市販のエアコン一台を2.5階リビングダイニングに設置し、全館空調はその送風機能のみを使って全館を冷暖房する試みはいずれ行って行くつもりなのだ。そのために現在の全館空調の空調機がどれほどの電力を使用しているのかを把握する必要があるだろう。そして、それに見合うエアコンを設置する予定だ。しかし現在の心地よさは必ず犠牲になることは目に見えている。なぜなら、いかに空気を循環しようと、エアコンを設置した部屋がどうしても最も低い温度になりその空気を各部屋に分配するかたちになるからだ。温度分布は免れない。エアコンを設置するなら納戸か床下がいいと思われ、その温度をグンと下げそれを分配するしか方法はないかもしれない。

英語のブログも書いてます
Small Talk in English 英語で話そう
[PR]

by toshiohm | 2010-07-27 20:00 | 住み心地
2010年 07月 25日
漏れた
夜11時、入居三日目にして、とても信じられないことがおこったのだ。一階息子の部屋のクローゼットが水浸しだ。早速図面で調べてみると、パイプスペースの下である事がわかった。事が事なので土曜日の夜も更けてはいるが、現場監理のNさんに電話。電話口のNさんは慌てた様子で、すぐにかけつけますっ、と、都筑からはるばる11時半前には到着、早速事故現場を捜査してもらったのだ。
c0215738_2249264.jpgNさんが壁にカッターを入れると石膏ボードの壁材はあっけなく切り取られる。中を見る。水がたまっている。即座にタオルで吸い出す。排水管を伝わって漏れてきているようだ。じゃあ二階だ。二階にある高さ140cmの収納スペースの中、同じようなパイプスペースがあり、そこの壁を手際よく切り取る(写真左上)。あった。排水管だ。外側は異常ない。排水管をくるんでいる断熱材を切り取ると、配管は湿っている。うーんここか。さらに配管の上を見る。エルボーだ。これだ! エルボーと水平配管が合わさるところが緩んでいる。ここから水が洩れ、断熱材の中を伝わり、床でしみ出し配管の外を伝わってポタリポタリと一階に漏れて、床を水浸しにした。このポタリポタリについては息子が確かに聞いたと証言している。
書くと複雑なようだが、実際にはエルボで水が洩って一階の床を濡らしたというだけの事だ。原因はわかった。後は水漏れを止めてもらうだけだ。Nさんは、排水管のつながっている2.5階キッチンをスミマセンが使わないで頂きたい、明日朝また来ますと言って帰って行ったのだった。夜中の12時をまわっていた。
日が変わってあくる日曜日、朝9時、S社長はじめNさんWさん、水周り工事のMさんHさんの計5名が来られて、丁重なお詫びのあと現場の再調査と修理を行い、2時間程でめでたく台所の再使用の運びとなったのである。
c0215738_22495376.jpgこういうときに一番心配なのは、ここで起きた水漏れは他の箇所でも起きないのか、だ。この事件がこの部分だけの特殊な状況でおこったことがわかればまあ安心できるというものだ。今回の事件はスキップフロアと納戸の間の継ぎ手で起きた。納戸の高さを確保するためにこの空間は非常に狭くなっている。他の部分は繋ぎあわせる両方の配管を確認しながら施工可能だが、この部分は場所的制約から片方からしかできない。確かに特殊だ。左の写真で見るように、エルボをはめ込んだ垂直配管を露出した水平配管に押し込むかたちで接合したがそのときに押しつけが弱くて接合が緩かったか、あるいは接合直後に戻ってしまったということだ。流水テストは実施したが配管に巻かれた断熱材の中にしみ出すかたちで漏れるためにその場では気がつかなかったということになる。
それにしてもハイレンハウス側の対応は迅速だった。土曜深夜および日曜朝にもかかわらず最短の処置でこちらの不便は最小で押さえられ、家族全員かえって申し訳ない気持ちにさせられてしまったほどだ。おまけに水漏れの探し方まで学ばせてもらった。建築業者にとって新築で水漏れというのはよほど不名誉な事件だったのだろう。来られた方全員からその雰囲気が伝わってきた。特に水回り施工業者のMさんの恐縮ぶりと落胆ぶりは見るものの同情を引かずにはおかなかったのだ。
家造りに完璧を求める。これは確かにそうなのだが、現実は難しいのだろう。そうならばせめて、何か事あるときの信頼できる対応こそが求められるのだ。その点でも誠実ないい会社にわが家を建築してもらったことを幸せに思うのだった。ただし、何事もおきないのが一番いいことだけは確かだ。
英語のブログも書いてます
Small Talk in English 英語で話そう
[PR]

by toshiohm | 2010-07-25 22:56 | トラブル
2010年 07月 21日
一階フローリング問題
件の土ぼこりフローリング事件だ。フローリングに少し色を入れてワックスをかけて頂いた。もちろんこちらは何のアイディアも持ち合わせていなかったので、ご提案に素直に従ったまでだ。写真をご覧いただきたい。とても同じ床とは思えないくらい格段に高級に見えるではないか。(といっても比較すべき以前の写真はない。写真をとる意欲もわかない程がっかりしていた事がうかがわれるのだった。)
考えてみればNさんが言うように、土足で上がり込むお国柄から来た床材だ。多少の土ぼこりくらいだれも気にしないのかもしれない。が、日本で使ういじょうは、フローリングはこうでなければならないだろう。このフローリングはRAPPGO社製、床暖対応の貼り合わせだが、表面のウォルナット材が厚み5mmもあって、ムクにもみえる大変いい床材だ。しかも20cmの幅広な点が、よく見かける床材と全く違っていて気に入っているのだ。どこか昔の学校の床を思わせる懐かしい感じもある。言っている事が前回と随分違っているようだが、ものの善し悪しとか好き嫌いなんてそんなものだ。ちょっとした事で簡単に逆転してしまうのだ。
心配もある。表面にコーティングしてあるわけではないから、傷がつきやすくはないかという点だ。しかし、時間が経てば傷など気にならなくなるのが世の常だ。家が建った今現在満足している事が大事なのだろう。本当に最後まで良くやっていただいた。
c0215738_12421689.jpg

英語のブログも書いてます
Small Talk in English 英語で話そう
[PR]

by toshiohm | 2010-07-21 12:42 | トラブル
2010年 07月 20日
高すぎ、だろ
2.5階のバルコニーはほぼ南向き。この季節、真昼の太陽の直射を受けた床面の熱さは常軌を逸している。真夏の焼けた砂浜を歩くあの感覚だ。この熱さは輻射として窓から入射する。しかしどうだ、冬にはこの太陽が欲しくなるのだ。
c0215738_21524948.jpg
オーニングがこの矛盾を緩和してくれる。問題はまたしてもその価格だが。



英語のブログも書いてます
Small Talk in English 英語で話そう
[PR]

by toshiohm | 2010-07-20 21:55 | 省エネ・太陽電池
2010年 07月 16日
ACH値
ブリザードが吹きすさぶ北欧の話だ。そんな中に建つ一軒家。風速は31.6m(/s)、ブリザードは容赦なく窓を叩き、家のあらゆる隙間から内部への侵入をうかがう。ついにその一部は突入を果たし外部の零下何十度という空気を持ち込む。侵入した冷気は一時間ですっかり家の中の暖かい空気を入れ替えてしまった。
こんな状態を数値化したものがACHであり、ちなみにこの時はACH=1だ。(風速31.6mで)一時間で一回家の空気を入れ替えちゃったからだ。一時間に二回入れ替えちゃえば当たり前だが2だ。北欧ではACHが大事なのだ。
 ところで風速V(m/s)と風圧P(Pa)の関係は昔から
     P=0.05V^2  (Vを2乗して20で割るのだ。)
 と決まっている。風がまともにぶち当たればそこに圧力が発生し、低圧の屋内に侵入するというからくりだ。
C値の測定基準に使われる9.8(pa)は、風速でいえば14m、東京でもあり得る話なのだ。さて、そんな風の吹く夜、気温0℃。漏れ込んでくる空気の量は、C値0.54のOH邸でも、一時間に200m3に達する。室内の温度は20℃。その勢いでO℃の空気が外から侵入してくれば1.5Kw余分に暖房が必要だ。その他の熱損失が4Kwであることを考えるとこれは極めて大きい。
しかし夏の場合には外部空気との温度差が小さいので顕熱だけを考えればせいぜい一昔前の大型プラズマテレビなみになってしまう。こう考えるとすきま風係数C値やACHはどちらかといえば、冬の寒さが厳しい地域にお住まいの方々に特に重要ということがいえるだろう。
ちなみにcgrさんからご指摘頂いた、OH邸のACHは1.04で、厳しいとされるカナダのR-2000基準の1.5, スウェーデンの3.0に比べてもいい値だったのでよかったー。

c0215738_2153238.jpg
上記とは全く関係ない話だが、これが女性陣が望んでやまなかったシューズクロークだ。だいたいこんなに靴があるのかという話だ。ちなみにOH邸施主は運動靴、サンダルまでいれて6足だ。
ただ靴が脱ぎっぱなしにできるのはいい。遠回りにはなるけど。
写真右上に24時間換気の最終排気口があり靴の臭いがこもらない。上がり框には床下の強制排気口があって、さらにここにはわが家のバカ犬クーちゃんが冬の寒い間や猛暑の中過ごせるように、つないでおけるピンまであって、靴だけの空間ではないのだ。


英語のブログも書いてます
Small Talk in English 英語で話そう
[PR]

by toshiohm | 2010-07-16 21:59 | 省エネ・太陽電池
2010年 07月 15日
引き渡しとフローリング
あれっまだ掃除終わってないのかな? 玄関先のフローリングだ。土足で上がり込んだ時の土ぼこりがそのままのこっている。それとも切粉がこびりついてまだ表面に残っているのだろうか?居間に入る。ここも所々土ぼこりが残っている。今日は引き渡しの日なのに。
全ての説明を受け、非常に満足したあとで、最後に床の土ぼこりの掃除について聞いてみる。「床は3回くらい拭きました」。と現場監理のNさん。えっ?えっ? じゃあ、あれは何なの? 答えは、そういう(ところどころ土ぼこりに見える)床材だということだ。それは聞いていないのだ。「なんとかします」とNさん。何とかしますったって、なんとかなるのだろうか。営業のAさんが加わったので、このままでは受けとれないと伝え、この輸入床材を知り尽くしているはずのS社長に伝えてくれるようにいう。即電話。「そういうもんなんだけどなぁ。」と社長。だが見せてもらったサンプルは断じて「そういうもの」ではなかったのだ。何の説明もなかったし。こんなことなら安い国産の合板フローリングの方がましだったかも。
対策として、少し着色塗装をして少し光沢を持たせるということでいいですかと聞かれたが、聞かれてもこのフローリングに色をいれる事自体どういう出来映えになるのか結局よくわからないのだ。が、それでやってもらうことになった。うまくいってくれるといいのだが。
今日は、今後対応して頂ける残件、マイナーな不具合箇所や未完部分の確認をおこなった。この塗装の結果を見て満足するまでは最後の支払いをしない旨を伝えて一応引き渡しを受けて鍵をもらった。
床のことはあったけれど、その他の部分はほんとうに良くやって頂いたし結果には満足している。ほんとうにいい事ばかりここに書く予定だったのだ。このことがいやな後味になってしまはないことを願うのみだ。

英語のブログも書いてます
Small Talk in English 英語で話そう
[PR]

by toshiohm | 2010-07-15 22:21 | トラブル
2010年 07月 14日
C値測定
例のすきま風事件があってから、C値はずっと気になっていたのだ。そのC値が昨日測定された。測定器(写真)は
    C値=0.7
をたたき出した。この値は中二階収納部と小屋根裏を含んでいない計算だ。これを考慮すると
    C値=0.58
さらにOH邸は床下まで屋内なのでこれを考慮して
     C値=0.54
この0.54がいかにすごい数値かというと以下の値をみればわかる(2009年時点)。
一条工務店=0.71, スウェーデンハウス=0.73, ウェルダンノーブルハウス=1.0, 東急ホームズ= 2.0, セキスイハイム=2.0, エスバイエル=3.7, 三菱地所ホーム=5.0程度, ミサワホーム=5.0程度, 住友林業=5.0程度, 住友不動産=5.0程度, ダイワハウス=5.0程度
以下、積水ハウス、旭化成へーベルハウス、パナホーム、三井ホーム、トヨタホームも大手は判で押したようにぜーんぶ5.0程度だ。大手も実力はもう少し上だと思われるが、あまりにも無関心な値が並んでいるではないか。もしこの値のとおりであれば計画換気を義務づける意味すら疑われてしまうのだ。客が気にしなければ気にしないもんね的な発想は市場主義経済では当然とはいえ、技術的良心のありかを問わずにはいられないのだった。ちなみにC値測定が標準仕様に含まれているのは一条工務店とスウェーデンハウス だけだ。(たとえば三菱地所ホームは、C値2はきりますよ、だったが測定は有料でしかもC値2は保証しない。)
今回のこの値は最も良い一条工務店より2割程度上だ。これで恐らくすきま風レベルでの居住環境悪化の懸念は完全に払拭された事になる。あとは本当に住んでみてからのことだ。いろいろとビルダーに申し上げたせいかどうかはわからないが、予想以上のできで、現場の方々とともに施主も安堵の胸をなでおろしたのだった。
c0215738_8461490.jpg
現場監理のNさん、必死でビニールの隙間を押さえてくれていた。ここから洩っては何を測っているのかわからなくなる。

英語のブログも書いてます
Small Talk in English 英語で話そう
[PR]

by toshiohm | 2010-07-14 08:46
2010年 07月 12日
庇考(2)
突然だが、昼12時の太陽高度は東京では

春分の日と秋分の日
     E=90度ー北緯(35.4度)=54.6度
夏至の日
     S=E+23.5度=79.1度
冬至の日
     W=Eー23.5度=31.1度

大雑把に夏至では80度、冬至で30度、お彼岸でその真ん中の55度くらいとすると覚えやすい。ちなみに23.5度は地球の公転面に対する赤道面の傾き。これはゆとり世代でなければ小学校で習ったはずだ。この傾きのおかげで四季ができるって。
問題は残暑だ。秋分の頃まで暑いのは最近では当たり前になっている。庇はそれくらいの時期までなんとか効いて欲しいのだ。そうなると幾何学的に考えて庇の出幅と取り付け位置の比は tan(55度)=1.4以上であって欲しい。今回の庇は窓から40cmの位置(30cmでもよかった)に60cm出幅としてこの比1.5になるようにした。秋分の日に向かってドンドン効果が少なくなるのだが、それは仕方がない。庇に完璧を求める事はどのみち不可能だろう。ちなみに210cm高さの一階の窓で8月1日には70%、9月1日には36%の遮蔽率になってしまうのだから。
c0215738_9131723.jpg
一階のこの部屋(リビング南側窓)の日照は少なくともこの時期うまく制御されている。


英語のブログも書いてます
Small Talk in English 英語で話そう
[PR]

by toshiohm | 2010-07-12 09:14 | 設計
2010年 07月 10日
庇考
部屋を暗くせずに夏の日射侵入を防ぐ。この一見矛盾した概念をいかに実現するのか、さんざっぱら考えた末が、この写真の通りだ。これは南側の窓群、午前11時。梅雨の晴れ間の強烈な太陽がどしゃ降りに降り注いでいる。
影をご覧いただきたい。右上の窓は庇がついていない。雨樋が少し庇の役目をして上部20%くらいが影になっている。二階中央の窓は出幅60cmの庇を窓の上40cm高さにつけた。完璧に影で覆われている。一階右側も出幅60cmの庇をつけたが、窓高さが210cmあるので、下部30%ほどから日差しが差し込む(70%日射制限)。一階中央の窓は上部から45cmセットバックしているので庇を省略した。上部40%程の日射が制限されている。一階左側の窓は90cmセットバックだが軒の位置は高い。それでも70%位は日射制限されている。さらに前にあるハナミズキによって木漏れ日的な効果がもたらされている。
状況に機敏に対応したまあまあの結果ではないか。一階の右二つの窓は大きいのでさらに外付けのロールスクリーンを設置し、完璧な直射の遮蔽を行っているから、少し日が傾いても大丈夫なのだ。
現在60cm出幅の庇を40cm窓上に取り付けているが、じゃあ30cm出幅のものを20cm上に取り付けてもおんなじじゃないかと思うスルドイ人もいるだろう。いわゆる相似というやつだ。ところが、だ。特に日差しが高い場合には前者の方が遮蔽距離が長く、同じ遮蔽率を後者で得ようとするとさらに下げて取り付ける必要が出てくる。そうなると庇がより視界に入りやすい。要するにウザったいのだ。しかも部屋は暗くなるし、冬の低い日差しは入ってきにくくなる。だから多少無理しても出幅の大きい庇を少し上目に取り付けた方がよいだろう(残暑の頃の傾いた日射には不利だが)。今回のこの庇の選択には値段を除けば完全に満足しているが、部屋が暗くなる事を恐れて2階右側の庇を最後にやめてしまった事を少し後悔している。
ちなみに西側の窓は庇は殆ど役に立たないので、全て外付けスクリーンで対応した。日射制限は夏の冷房の死命を制するのだ。
c0215738_23433918.jpg

英語のブログも書いてます
Small Talk in English 英語で話そう
[PR]

by toshiohm | 2010-07-10 23:48 | 建築
2010年 07月 09日
開帳
なんかやけにスッキリしたな、と思ったら足場がはずれていた。で、でかい。
大きさとか広さとかは実物で見てないとなかなかわからないものだ。図面が嘘を就く訳ではないけれど我々は容易に錯覚してしまうのだ。
OH邸は道路から平均1.5mの高さの土地に建っており、しかも基礎土台も55cm高さ、中二階収納スペース付き、とムキになって高くしたおかげで、道路からは相当見上げるかたちになる。図面では決して考慮される事のないこの見上げファクターによって、でかさが強調され図面からの印象と違ってくる。
壁紙もそうだ。小さいサンプルで見れば、ベージュに近い白とか、少しピンクがかった白とかいろいろ悩んでみるが、できてみれば実に些細なことであったと気付くのだ。全部ただの「白」にすぎない、と。大衆の中に個が埋没してしまった、といったところだろうか。
ただ、全ての個性が埋没してしまったかどうかは、実はまだわからない。なぜなら今日時点で壁紙はまだはり終わっていないからだ。そのとばっちりで電気工事の方々は最後まで忙しい。壁紙が終わらないとスイッチ類の仕上げができないのだとか。
しかし、ここまでくればあとは「楽勝」だ、と現場監理のNさん。土曜日で全て終了、日曜日に清掃、火曜日に完成検査、C値測定へと淡々と進むのみだ。
オーニングも取り付け完了。トイレも設置完了。洗濯物干し用の金具やツタを這わせるための釘などはいつでもやってもらえるそうなので、心配する必要もなさそうだ。
c0215738_21162457.jpg

c0215738_21171935.jpg
左の写真は二階トイレのドア。二階の4枚のドアは予算の関係で全て国産の最低グレード品で我慢しようとしていたところ、きっと不憫に思われたのであろう、S社長のご厚意により4枚とも立派な輸入ドアにしていただけたのだ。幅80cmはトイレのドアにしては立派すぎる程立派だ。

英語のブログも書いてます
Small Talk in English 英語で話そう
[PR]

by toshiohm | 2010-07-09 21:26 | 建築