<   2010年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

2010年 10月 31日
どこへどれだけ?
一昨日朝21℃台まで低下した室温だが昨日暖かかったせいか、今朝はまた23℃まで回復している。いつ暖房が必要になるんだろうか?
さて、家の熱容量まで計算し出すと、この家の熱はどこへどれだけ逃げているかが気になる。そういえば設計で窓を小さく変更してから、熱計算をしていなかったので、この機会にそれを考慮してちゃんと計算してみた。
c0215738_1755134.jpg
図は断熱材、木部、窓からの放熱量及び換気による熱損失を内外気温差10℃として計算したものだ。断熱材から半分程度逃げているが木部からも16%程度放熱している。いわゆる熱橋だ。壁の断熱が良くなれば、木部を通しての放熱は相対的に大きくなるが、まだそれほど目くじらたてる必要もないかもしれない。外断熱であればこの部分が改善されるだろう。アイシネンであれば内断熱140mmが外断熱105mm厚さですむことになる。が、工法によっては外断熱のためにメインの断熱材を厚くできない場合が多いのでそれは当然問題になる。
U値1.4(W/m2℃)と窓の中では最高性能でも窓からの熱放出は予想通り大きく28%を占める。この部分を改善するのは大きいが、これ以上は窓を小さくするか、あとはカーテンなどで内側からの断熱を考える他はない。ちなみに標準的なアルプラの二重窓(2.33w/m2℃)で計算するとこの部分は38%に上昇し、断熱材部分が40%に下がって殆ど同じくらいになってしまう。やはり窓の断熱は大きい。
意外にばかにならないのが換気の損失だ。一割程度ある。これはかなり絞って運転しているから現実にはそれほどの問題ではないが。
さてQ値は今回の計算で1.012となって、めでたく、ほぼぴったりQ値1の家となっていた

以上は
壁 アイシネン(0.035w/m/K)140mm
屋根 アイシネン 220mm
床 スタイロエース (0.028W/m/K)90mm
窓 木枠トリプルガラス 45m2 (1.4w/m2/k)
換気熱回収効率 80%
の条件で計算した

英語のブログも書いてます
Small Talk in English 英語で話そう
よろしければお立ち寄りください
[PR]

by toshiohm | 2010-10-31 17:55
2010年 10月 29日
風呂110杯
ついに21.3℃。まだまだ暖房なしで頑張れる温度だ。暖房なしで24時間で温度の落ち方が1.7℃。昨日日が射さずに11℃までしか気温が上がらなかったから気温は9.5から11℃の間でしか変化しなかった。さて、これでこの家の熱容量を見積もってみよう。
気温がそれ程変動しなかったので家からの放熱量もQ値から簡単に計算できる。結論だけ言うと

内部発熱量(生活熱)  19Kwh
放熱量  61 Kwh*   この差し引き分40.5が家本体の蓄熱分から1.7℃相当吐き出された分だ
熱容量 85800(KJ/℃) **

と言われたってなんのこっちゃ。よくわからないのでとにかく水に換算してみると
   88940/4200 = 21.2 m3
の体積分の水が蓄熱物としてあることになる。うーん。これでもよくわからない。じゃあ風呂の水が約180リットルだから
   わが家の熱容量は お風呂110杯分
というと少しはピンとくるだろうか。うん、これなら蓄熱効果もありそうだ。

通常2x4住宅の木材使用量は単位床面積(m2)あたり、一説によると0.17m3と言われており、OH邸の場合37m3ということになる。木材の熱容量は水の20%程度だから水換算で木材はせいぜい8m3程度しかない。熱容量として大きいのは床下の蓄熱モルタルだ。容積で8m3ある。しかしコンクリートの熱容量は驚くかもしれないが水の半分程度だ。そうすると水換算で4m3。あと9m3の水相当分が残ってしまう。これらは種々の金属を含む家の設備や納戸にしまいこまれたおびただしい量のガラクタなのだろう。 ガラクタもそういう意味では存在するだけで価値があったりするのだ。 
「存在に意味がある」なにか一つ教えられたような気がする。

   * 1.01(Q値)x220(延べ床面積)x11.5(平均温度差)x24(時間) 
 ** (61-19) x 3600 (秒) / 1.7(24時間後の温度差)
***ここに示した計算はQ値から放熱量を求めているが、実際には実効的なQ値はこの値よりいいと思われる。例えば通気胴縁は断熱の助けになっているはずだし、窓には夜間カーテンがかけられている。放熱量が少なければ熱容量はもっと小さくなる。そうするとガラクタは水相当で8m3も必要なくなる。

英語のブログも書いてます
Small Talk in English 英語で話そう
よろしければお立ち寄りください
[PR]

by toshiohm | 2010-10-29 10:20 | 住み心地
2010年 10月 28日
今朝の室温
今朝はリビングで23.0℃まで低下した。外は9.8℃。今日は一日中雨で日が射さないから生活熱だけでどれくらい上昇するのか、あるいはさらに低下を続けるのかで大体の断熱性能がわかろうというものだ。今日の最高気温は11℃と予想されている。

英語のブログも書いてます
Small Talk in English 英語で話そう
[PR]

by toshiohm | 2010-10-28 08:37 | 住み心地
2010年 10月 27日
ワイヤレス温度計
c0215738_1619651.jpg今朝起きてきてバルコニーに置いたワイヤレス温度計(写真矢印)の示す外気温を見ると目を疑った。10.8℃。起きた時の感じは昨日と全く変わらなかったからだ。気温的にはいよいよ冬か。しかし二階リビングの温度計は23.6℃だ。、体感的には昨日の朝とそれ程変わらない。くどいようだが、断熱の威力はすごいなぁ。外の風の音も全く聞こえない。



英語のブログも書いてます
Small Talk in English 英語で話そう
よろしければお立ち寄りください
[PR]

by toshiohm | 2010-10-27 11:07 | 住み心地
2010年 10月 26日
良かった事(4)
遮熱
西側の窓に外部取り付けのロールスクリーンを設けた。庇も真夏はいいのだけれど、日差しが傾いてくると日射は容赦なく侵入してくる。
c0215738_924448.jpg
このロールスクリーンは外付けだからこそ効果が大きいのだが、外付けだから上げ下ろしのことを考えなければならず、それができるようにするために設計でも苦労したのだった。二階のはめ殺し窓の外に取り付けて上げ下ろしするためにわざわざバルコニーをその窓の外にまで延長したりした(ただし、延長するのは窓の端までで良かった事が建ってみてわかった。写真)。なんか本末転倒だよね。でもバルコニーの延長はそれ程総額に違いはなかったような気がする

c0215738_9243970.jpgまた、縦すべり出し窓だと内側から上げ下ろしができるかどうか微妙だったので二階の西側もう一カ所はわざわざ引き違い窓にした。お陰でここだけはトリプルでなくAGCのダブルガラス木枠窓になってしまった。ところが一階に取り付けたスクリーンで試してみると、実は縦すべり出し窓でも内側から上げ下ろしができることがわかった。これは木枠窓が内付けであるため、外側のロールスクリーンとの間で少し距離ができ、その隙間分だけ窓を開ける事ができるので、そこから手を伸ばして上げ下ろしできる。少し大変だがどうということはない。一つ3万程度なので、安いとは言えないが最大3KW程度遮熱していると思えば少なくとも自己満足的価値はある。すだれよりは若干見かけもいい。

c0215738_928111.jpg南側のオーニングもよかった。バルコニーの使い道が増えるし、遮熱としても申し分ない。雰囲気もある。少しだけ出してテラスドアに直接雨がかかるのを防ぐ事もできる。しかしこれは高過ぎる。2.7mの間口で出幅2mの電動。材工17万だ。基本的に雨のときには閉じろ、と書いてある。風の時もだ。


英語のブログも書いてます
Small Talk in English 英語で話そう
よろしければお立ち寄りください
[PR]

by toshiohm | 2010-10-26 09:29
2010年 10月 24日
良かったこと(3)
4. 空気循環
循環風量は24時間換気の5倍。これが全館空調の送風性能(弱運転)だ。20分に一回屋内の全空気が入れ替わるくらいの量に相当する。家中の空気を階段上踊り場のガラリ(40cmx120cm)からまとめて吸い込んでまた各部屋に分配している。その風速が絶妙なのだ。わずかに風を感じる程度なのに各部屋の温度を均一に保つのに十分な風量を確保している。夏はもちろん全館空調として冷房として使っていたが、現時点では送風で空気循環させているだけだ。これで日中日差しが差し込む部屋とそうでない部屋、一階と二階の温度差は十分に解消される。
例えば昨日(23日) 朝9:30 の場合
一階南側リビング(日差し有り) 24.7℃
一階北側玄関ホール  24.1
一階北側洋室  24.0
二階南側リビング(日差しあり) 24.8
二階北側洋室 24.4
二階南側洋室 24.5
という具合だ。日差しの差し込む南側は若干温度が高くなっているものの、体感的には家中どこに行っても同じ温度だ。この事はもちろん偏執狂的な断熱のお陰でもある。しかし高断熱であるが故に外に逃げていかない分、内部のローカルな発熱は十分な換気によって分散させる必要があるのだ。
この絶妙な空気の分配は天井裏を這い回る直径20cmはあろうかというフレキシブル配管によって初めて可能だ。送風機からの距離の遠近によって発生する圧力損失(送風抵抗)とそれにともなう送風量の増減を、この太さが本質的に小さくしている。また、調整機能があって二階と一階の風量比を調整できる。例えば夏の冷房は二階の風量を多めに冬はその逆といった使い方ができる。さらにプライベートコントロールが二カ所あり、例えば高齢の母の部屋は自由に風量を制御できるようになっている。まず文句のつけようがない。

数多くの住宅展示場をまわったが、OH邸の大きさでは全館空調機は必ず二台必要だとどこでも言われた。あの断熱で有名なTホームでさえもだ。二台も必要なら諦めざるを得ない。今回施工してもらった空調屋さんは、この厳重な断熱を考慮すれば1台ですむかもしれないが6馬力の空調機でないと保証できないと言った。しかし実際には5馬力(4KW)一台で押し通して(自己責任ということで)、今年の猛暑を悠々と乗り切ったのだ。これは断熱と遮熱の勝利以外の何ものでもない。本来なら4馬力でも足りただろう。しかし4馬力の場合に標準とされる送風機の風量が不足するのでやむなく5馬力のものを採用した。

ただ全館空調もいい事ばかりではない。採用したデンソーエースは200Vの低圧電力で運転される仕様だ。これは日中も電気代が安いことと、太陽電池の売電と別勘定なのでとてもいいのだが、その代わり基本料金が4KW契約で4000円/月もとられる。送風しかしない季節には電気代的にとても不利になる。全く使用しない月は基本料金は半分になるが、送風機を使って温度均一化をするのでどうしても使う事になる。
また、低周波音がある。夜間は少し気になる。
メンテの問題もある。空調機はどれくらいもつのだろうか?夏しか使わない予定だが...
価格も安くはない。24時間熱交換換気システム2台込み(これは法令上仕方がない)で270万だった。ただ、空調機なしの単なる空気循環システム(配管と送風機だけ)を見積もってもらってもそれほど安くはならない。熱交換換気システムはいずれにしろ必要だし、あの太い配管をかなりの長さで家の中14カ所に分配するのだ。工事を見ているとそれくらいかかっても仕方がないと思えてくる。

それにしても今年の夏が暑かったせいだろうか、全館空調は予想以上に家族の支持を得ている。


英語のブログも書いてます
Small Talk in English 英語で話そう
よろしければお立ち寄りください
[PR]

by toshiohm | 2010-10-24 22:21 | 良かった事悪かった事
2010年 10月 23日
良かった事(2)
3. 断熱
朝6時40分。外の気温は13℃台まで冷え込んだ。家の中の気温は平気な顔で24.1℃だ。昨夜寝る前に見た午前1時の室温が25.2℃(外気温16.5℃)だったから、たった1度しか下がっていない。暖房は全く使っていない。明け方冷え込まないからいまだにタオルケット一枚で寝ている。
そうあって欲しいと願っていたことではあるが、実際に体験してみると信じられないような気にもなるのだ。良かった事の筆頭はやはり断熱ということになるだろう。
壁の断熱アイシネン140mm以上、屋根は220mm以上、トリプルガラス木枠窓。この仕様が威力を発揮している事は間違いないが、これだけ外気温の低下に対して室内気温の落ち方が小さいのは、次なる熱容量的な理由もあると思われる。
1.  床下には床暖房用の蓄熱モルタルが80mmほどの厚みで敷かれている。夜間に床下換気をして床下の空気を屋内に吹き出させる形で循環させているため、この蓄熱層の威力で一定の温度に保たれている。
2. ほぼ正方形断面の家であるため表面積に対する体積が大きく従って表面積あたりの熱容量も比較的大きい。30mmの床材、大空間の収納に置かれた多くのがらくたも貢献しているのかもしれない。
恐らく冬に向かって床下蓄熱層温度は徐々に下降し、家全体の温度も徐々に下降して行くと思われるが、これほどの緩和が起こっているのはホントにありがたい。
ちなみに無暖房で外の平均気温との温度差は6℃から7℃くらいで維持されているようだ。これは生活熱だけで維持されているということだから、夏はこの分を冷房で取り去っていたという事だ。生活熱は家族構成や生活スタイルで変わってくるだろうが、それにしても無暖房はありえても無冷房というのはあり得ない。


英語のブログも書いてます
Small Talk in English 英語で話そう
よろしければお立ち寄りください
[PR]

by toshiohm | 2010-10-23 08:27 | 良かった事悪かった事
2010年 10月 22日
良かった事(1)
失敗した事に比べて、よかったなぁと思う事はたくさんあるのは幸せだった。

1. 何社か相見積もりをとったこと。
これによって自分が建てようとしている家の相場がわかってくる。相場がわかれば強気の交渉もできようというものだ。一社だけで話を決めてしまうのは、初デートの相手とそのまま結婚してしまうようなもので、よくも悪くも独善的だ。
OH邸の場合は5社の見積もりをとった。かなりパワーのいる仕事だが、その過程でいろいろないいアイディアにも出会えるし、設計の細かいところが煮詰まってきた。みんないいところもあれば悪いところもあるのだ。ただ断るのはしんどかった。
大手は高いという事も実感した。断熱の仕様や窓の仕様もワングレード下、外壁もモルタル、床材もかなりグレードを落としても最初の見積もりで40%高かった。やはり営業コストがかかっているのだ。いくら倒産のリスクが低いといってもこれでは頼む気にならない。ただし、提案力は工務店とは比べ物にならないくらいあった。お金のある人はたのみたくなるのもわかる気がした。
準大手ビルダーも大手ほどではないが融通もきかなければ安くもなかった。しかもそれほど提案力もない。
相見積もりをとらなかったら、自分たちの希望はとても全部は実現できなかったにちがいない。

2. 構造的な観点も考慮した間取り設計を最初からしておいたこと。
一階と二階の壁の位置を合わせておく間取りを自分で基本設計し、これをもって見積もりを各社にお願いした。もし構造の問題で間取りを変更するということになると、見積もりとの間でやりとりが多くなって、各社同じ仕様でで見積もってもらうことは難しかったかもしれない。家族一人一人ぎりぎりの攻防で作られた設計をまた構造上の問題でやり直すのはきっと大変な作業だったにちがいない。また、構造上のやり直しが少なければ見積もりの精度もあがるし、ビルダー側も見積もりが防衛的にならない(と思われる)。
この基本設計はどのビルダーにも賞賛を浴びたのだった。そういう意味ではビルダーの設計作業を減らした事にもなる。

続く


英語のブログも書いてます
Small Talk in English 英語で話そう
よろしければお立ち寄りください
[PR]

by toshiohm | 2010-10-22 07:55 | 住み心地
2010年 10月 19日
後悔と失敗
一日平均60人以上の方がありがたいことにこの拙いブログを読んでくださっているようなので、ご参考までに後悔・失敗したなぁと思う事をまとめておきます。

1. バルコニーの手すり(壁)。落下防止のために法令で壁の高さが決まっているらしいが、おせっかいな話だ。110cmは高過ぎる。折角の見晴らしが座ってしまえばさえぎられる。よく壁の上に20から30センチ高さの金属レールがついたものを見かけるが、あれなら全部を壁にする圧迫感を減少できたかもしれない。取り付ければよかった。でも高いんだよね。こっちは。値段が。

2. 外付けロールスクリーン。もっと何カ所か取り付けるべきだった。あとからだと大変だ。高・高の家は日光の直射に対して弱い。容易に温度が上昇する。冬場は故に有利だけど。しかも縦すべり窓でも内付けならばなんとかスクリーンの上げ下ろしができることがわかったのだった。

3. c0215738_12545926.jpg太陽電池の配置(写真)。
例えばパネルの一枚は朝の11時頃からバルコニーの壁(右側)の影に入ってしまったりする。少しずらして取り付けるとか、太陽電池担当兼営業のAさんもこの辺はもう少し考えてくれてもよかったのでは?
さらにいえば、設計段階で屋根の設計を太陽電池の大きさを考慮しつつ行うべきだった。この辺は設計のSさんともう少し詰めるべきだったが、屋根の設計の方はこっちは素人だから、Sさんがもう少し提案してくれないとどうしようもなかった。

4. 室外機の配置。室外機は全部で3台。全館空調、床暖房、およびエコキュートだ。全館空調はほぼ冷房専用だから、加熱専用のエコキュートの室外機と隣り合わせて置いておくと効率が良い。しかし床暖房とエコキュートの室外機は本来隣り合わせではまずいが、エコキュートタンクを挟んで両側に配置されてしまった。全館空調の室外機を真ん中にして、両側にエコキュート、床暖の室外機を配置するべきだった。

5. 電灯のスイッチ。あれほどいろいろ考えたつもりだったが、結構あれっと思う事がある。たとえば風呂場の脱衣所の電灯。扉の外につけたので、風呂場に入るときに消そうとするといちいち戸を開けて消さねばならない。これは当初内側につける予定だったのだ。しかし現場でスイッチの位置を一つ一つ決定して行くときなぜか外側にしてしまった。なかなか住んだ気になって設計をするってできないもんだなぁ。

6. 照明。家の中のたとえば玄関や階段の踊り場などの明るさなどはなかなか予測できない。照明は少し多めにしておいて、明るすぎたら使わなければいい。例えば植栽の成長によっても中の明るさは変わってくるのだから。

7.LEDランプ。意外に明るいので、もっとダウンライトをいろいろなところに配置すべきだった。普通の照明だって結構高いのでそれに比べて意外に安価だし、電力は少ない。テレビを見ている時など天井灯を点灯せずダウンライトだけで普通はすんでしまうだろう。しかし、設計も最終段階でようやくLEDダウンライトが発売されたので、ぎりぎり間に合ったとも言えるが、不十分だった。

8.網戸。実は予算の関係で最終的には殆どカットしてしまった。が、風が吹き抜ける、対面する窓には両方つけておいた方がよかった。これは今からでもつけられるらしい。でもこれも高いんだよね。それと内側につけるから折角の木枠の窓がちょっとかっこ悪くなる。

9. 二階キッチンの床暖。メインの床暖とは別に、電熱床暖房を二階キッチンに敷いたがこれは不要だった。でも冬にならないとまだわからないか。

10. 天井高さ140cmの納戸
c0215738_135452.jpg(ミサワホームではこれを蔵と呼んでいる)は非常に便利だが、出入り口の高さは120cm以下だ。窓などの開口上部にたわみ防止としてもうける「まぐさ」という横木のせいでこうなる。このことは住宅展示場で見ていたから事前にわかっていて設計のSさんにも言ったつもりだったができてみるとこうなっていた。これを直すのは構造上かなり難しいという事で一箇所だけなおしてもらったが、あとはそのまま。やはり入り口が低いのは使いにくい。もし同様の納戸を作られる方があれば、最初から入り口の高さがとれるように設計してもらうことを強くお薦めする。まぐさがどうしても必要なら少し全体を高めに作って天井を140cmに低くはればいいだけだと思うが、これは3階扱いになってしまう可能性もあってなかなか難しいらしい。


11. 玄関横の前庭。
c0215738_137324.jpg工事機材などが最後まで置かれていた場所。ここは花壇にするのでガラなど取り除いてちゃんとした土を入れておいて欲しいと要望しておいたところだが、掘り返してみたらひどいものだった。石ころやらビニールやらガラス瓶やらスタバのプラスチックカップやら出るわ出るわ。出てこないものといったら小判くらいのものだ。
誰に要望したのかが問題だが、この辺の基礎・外構をやったコウエイ(株)のOさんに直接話したような覚えがある。この辺が大手と違うところかもしれない。誰に言ったらよいかよくわからないのだ。
土の扱いはむずかしいのだろう。余分にあればじゃまだし、足りなくなったらどこかから持ってこなくてはならない。どちらの場合も金がかかる。どっか近くの工事現場で掘り出したものを捨てる代わりに直接もってくるからこういうことになるのだが、だからこそ安いとも言える。

できてみなければわからないところもあり、そういう意味ではハイレンハウスさんは、建築途中の変更や指摘にも本当によく対応して頂けたと思う。こちらも節度を守ったつもりだが、大変な事もあったであろう。他の工務店や大手はこんなにやってくれるものなのだろうか?それでもやはり後悔はあるものだ。

英語のブログも書いてます
Small Talk in English 英語で話そう
[PR]

by toshiohm | 2010-10-19 13:08 | 住み心地
2010年 10月 18日
補助金
そういえば、家が完成してから3ヶ月たつのに、補助金関係はウンともスンとも言ってこないなぁ。太陽光発電は国と東京都と目黒区の3箇所から来るはずだし、住宅エコポイントも来るはずだ。こんなものなんだろうか?
新しい駐車場に合わせて小さい車に買いかえたのだが、そのエコカー補助金はどうなってんだろう?(これは一月あまり前だからまだかな)。プロセスがわからないのが不安だ。工務店はちゃんと手続きしてくれたはずだけど。

英語のブログも書いてます
Small Talk in English 英語で話そう
[PR]

by toshiohm | 2010-10-18 17:09 | 省エネ・太陽電池