2010年 10月 23日
良かった事(2)
3. 断熱
朝6時40分。外の気温は13℃台まで冷え込んだ。家の中の気温は平気な顔で24.1℃だ。昨夜寝る前に見た午前1時の室温が25.2℃(外気温16.5℃)だったから、たった1度しか下がっていない。暖房は全く使っていない。明け方冷え込まないからいまだにタオルケット一枚で寝ている。
そうあって欲しいと願っていたことではあるが、実際に体験してみると信じられないような気にもなるのだ。良かった事の筆頭はやはり断熱ということになるだろう。
壁の断熱アイシネン140mm以上、屋根は220mm以上、トリプルガラス木枠窓。この仕様が威力を発揮している事は間違いないが、これだけ外気温の低下に対して室内気温の落ち方が小さいのは、次なる熱容量的な理由もあると思われる。
1.  床下には床暖房用の蓄熱モルタルが80mmほどの厚みで敷かれている。夜間に床下換気をして床下の空気を屋内に吹き出させる形で循環させているため、この蓄熱層の威力で一定の温度に保たれている。
2. ほぼ正方形断面の家であるため表面積に対する体積が大きく従って表面積あたりの熱容量も比較的大きい。30mmの床材、大空間の収納に置かれた多くのがらくたも貢献しているのかもしれない。
恐らく冬に向かって床下蓄熱層温度は徐々に下降し、家全体の温度も徐々に下降して行くと思われるが、これほどの緩和が起こっているのはホントにありがたい。
ちなみに無暖房で外の平均気温との温度差は6℃から7℃くらいで維持されているようだ。これは生活熱だけで維持されているということだから、夏はこの分を冷房で取り去っていたという事だ。生活熱は家族構成や生活スタイルで変わってくるだろうが、それにしても無暖房はありえても無冷房というのはあり得ない。


英語のブログも書いてます
Small Talk in English 英語で話そう
よろしければお立ち寄りください
[PR]

# by toshiohm | 2010-10-23 08:27 | 良かった事悪かった事
2010年 10月 22日
良かった事(1)
失敗した事に比べて、よかったなぁと思う事はたくさんあるのは幸せだった。

1. 何社か相見積もりをとったこと。
これによって自分が建てようとしている家の相場がわかってくる。相場がわかれば強気の交渉もできようというものだ。一社だけで話を決めてしまうのは、初デートの相手とそのまま結婚してしまうようなもので、よくも悪くも独善的だ。
OH邸の場合は5社の見積もりをとった。かなりパワーのいる仕事だが、その過程でいろいろないいアイディアにも出会えるし、設計の細かいところが煮詰まってきた。みんないいところもあれば悪いところもあるのだ。ただ断るのはしんどかった。
大手は高いという事も実感した。断熱の仕様や窓の仕様もワングレード下、外壁もモルタル、床材もかなりグレードを落としても最初の見積もりで40%高かった。やはり営業コストがかかっているのだ。いくら倒産のリスクが低いといってもこれでは頼む気にならない。ただし、提案力は工務店とは比べ物にならないくらいあった。お金のある人はたのみたくなるのもわかる気がした。
準大手ビルダーも大手ほどではないが融通もきかなければ安くもなかった。しかもそれほど提案力もない。
相見積もりをとらなかったら、自分たちの希望はとても全部は実現できなかったにちがいない。

2. 構造的な観点も考慮した間取り設計を最初からしておいたこと。
一階と二階の壁の位置を合わせておく間取りを自分で基本設計し、これをもって見積もりを各社にお願いした。もし構造の問題で間取りを変更するということになると、見積もりとの間でやりとりが多くなって、各社同じ仕様でで見積もってもらうことは難しかったかもしれない。家族一人一人ぎりぎりの攻防で作られた設計をまた構造上の問題でやり直すのはきっと大変な作業だったにちがいない。また、構造上のやり直しが少なければ見積もりの精度もあがるし、ビルダー側も見積もりが防衛的にならない(と思われる)。
この基本設計はどのビルダーにも賞賛を浴びたのだった。そういう意味ではビルダーの設計作業を減らした事にもなる。

続く


英語のブログも書いてます
Small Talk in English 英語で話そう
よろしければお立ち寄りください
[PR]

# by toshiohm | 2010-10-22 07:55 | 住み心地
2010年 10月 19日
後悔と失敗
一日平均60人以上の方がありがたいことにこの拙いブログを読んでくださっているようなので、ご参考までに後悔・失敗したなぁと思う事をまとめておきます。

1. バルコニーの手すり(壁)。落下防止のために法令で壁の高さが決まっているらしいが、おせっかいな話だ。110cmは高過ぎる。折角の見晴らしが座ってしまえばさえぎられる。よく壁の上に20から30センチ高さの金属レールがついたものを見かけるが、あれなら全部を壁にする圧迫感を減少できたかもしれない。取り付ければよかった。でも高いんだよね。こっちは。値段が。

2. 外付けロールスクリーン。もっと何カ所か取り付けるべきだった。あとからだと大変だ。高・高の家は日光の直射に対して弱い。容易に温度が上昇する。冬場は故に有利だけど。しかも縦すべり窓でも内付けならばなんとかスクリーンの上げ下ろしができることがわかったのだった。

3. c0215738_12545926.jpg太陽電池の配置(写真)。
例えばパネルの一枚は朝の11時頃からバルコニーの壁(右側)の影に入ってしまったりする。少しずらして取り付けるとか、太陽電池担当兼営業のAさんもこの辺はもう少し考えてくれてもよかったのでは?
さらにいえば、設計段階で屋根の設計を太陽電池の大きさを考慮しつつ行うべきだった。この辺は設計のSさんともう少し詰めるべきだったが、屋根の設計の方はこっちは素人だから、Sさんがもう少し提案してくれないとどうしようもなかった。

4. 室外機の配置。室外機は全部で3台。全館空調、床暖房、およびエコキュートだ。全館空調はほぼ冷房専用だから、加熱専用のエコキュートの室外機と隣り合わせて置いておくと効率が良い。しかし床暖房とエコキュートの室外機は本来隣り合わせではまずいが、エコキュートタンクを挟んで両側に配置されてしまった。全館空調の室外機を真ん中にして、両側にエコキュート、床暖の室外機を配置するべきだった。

5. 電灯のスイッチ。あれほどいろいろ考えたつもりだったが、結構あれっと思う事がある。たとえば風呂場の脱衣所の電灯。扉の外につけたので、風呂場に入るときに消そうとするといちいち戸を開けて消さねばならない。これは当初内側につける予定だったのだ。しかし現場でスイッチの位置を一つ一つ決定して行くときなぜか外側にしてしまった。なかなか住んだ気になって設計をするってできないもんだなぁ。

6. 照明。家の中のたとえば玄関や階段の踊り場などの明るさなどはなかなか予測できない。照明は少し多めにしておいて、明るすぎたら使わなければいい。例えば植栽の成長によっても中の明るさは変わってくるのだから。

7.LEDランプ。意外に明るいので、もっとダウンライトをいろいろなところに配置すべきだった。普通の照明だって結構高いのでそれに比べて意外に安価だし、電力は少ない。テレビを見ている時など天井灯を点灯せずダウンライトだけで普通はすんでしまうだろう。しかし、設計も最終段階でようやくLEDダウンライトが発売されたので、ぎりぎり間に合ったとも言えるが、不十分だった。

8.網戸。実は予算の関係で最終的には殆どカットしてしまった。が、風が吹き抜ける、対面する窓には両方つけておいた方がよかった。これは今からでもつけられるらしい。でもこれも高いんだよね。それと内側につけるから折角の木枠の窓がちょっとかっこ悪くなる。

9. 二階キッチンの床暖。メインの床暖とは別に、電熱床暖房を二階キッチンに敷いたがこれは不要だった。でも冬にならないとまだわからないか。

10. 天井高さ140cmの納戸
c0215738_135452.jpg(ミサワホームではこれを蔵と呼んでいる)は非常に便利だが、出入り口の高さは120cm以下だ。窓などの開口上部にたわみ防止としてもうける「まぐさ」という横木のせいでこうなる。このことは住宅展示場で見ていたから事前にわかっていて設計のSさんにも言ったつもりだったができてみるとこうなっていた。これを直すのは構造上かなり難しいという事で一箇所だけなおしてもらったが、あとはそのまま。やはり入り口が低いのは使いにくい。もし同様の納戸を作られる方があれば、最初から入り口の高さがとれるように設計してもらうことを強くお薦めする。まぐさがどうしても必要なら少し全体を高めに作って天井を140cmに低くはればいいだけだと思うが、これは3階扱いになってしまう可能性もあってなかなか難しいらしい。


11. 玄関横の前庭。
c0215738_137324.jpg工事機材などが最後まで置かれていた場所。ここは花壇にするのでガラなど取り除いてちゃんとした土を入れておいて欲しいと要望しておいたところだが、掘り返してみたらひどいものだった。石ころやらビニールやらガラス瓶やらスタバのプラスチックカップやら出るわ出るわ。出てこないものといったら小判くらいのものだ。
誰に要望したのかが問題だが、この辺の基礎・外構をやったコウエイ(株)のOさんに直接話したような覚えがある。この辺が大手と違うところかもしれない。誰に言ったらよいかよくわからないのだ。
土の扱いはむずかしいのだろう。余分にあればじゃまだし、足りなくなったらどこかから持ってこなくてはならない。どちらの場合も金がかかる。どっか近くの工事現場で掘り出したものを捨てる代わりに直接もってくるからこういうことになるのだが、だからこそ安いとも言える。

できてみなければわからないところもあり、そういう意味ではハイレンハウスさんは、建築途中の変更や指摘にも本当によく対応して頂けたと思う。こちらも節度を守ったつもりだが、大変な事もあったであろう。他の工務店や大手はこんなにやってくれるものなのだろうか?それでもやはり後悔はあるものだ。

英語のブログも書いてます
Small Talk in English 英語で話そう
[PR]

# by toshiohm | 2010-10-19 13:08 | 住み心地
2010年 10月 18日
補助金
そういえば、家が完成してから3ヶ月たつのに、補助金関係はウンともスンとも言ってこないなぁ。太陽光発電は国と東京都と目黒区の3箇所から来るはずだし、住宅エコポイントも来るはずだ。こんなものなんだろうか?
新しい駐車場に合わせて小さい車に買いかえたのだが、そのエコカー補助金はどうなってんだろう?(これは一月あまり前だからまだかな)。プロセスがわからないのが不安だ。工務店はちゃんと手続きしてくれたはずだけど。

英語のブログも書いてます
Small Talk in English 英語で話そう
[PR]

# by toshiohm | 2010-10-18 17:09 | 省エネ・太陽電池
2010年 10月 09日
取得税
住宅課税基準評価額を約束通り電話で教えてもらった。ちょうど2000万だそうだ。先日調査官がこの金額ではすまない、と言っていたのはなんだったんだろう。そういっておいて実際2000万だとこちらは得したような気になる。うーん、憎たらしいほど高度にして心理学的な戦略だ。が、たしかにそういう気になる。
支払った額に対して随分と低い評価だが、他の同様の家と比べてこれが高いか安いかはわからない。ただ取得税が24万円ほどかかるという事実だけがここにある。固定資産税はこれを基準に計算すれば34万だが、拙宅の場合築25年以上の家を解体して新築しているので特例により三年間はゼロということになる。とりあえずたすかります。

英語のブログも書いてます
Small Talk in English 英語で話そう
よろしければお立ち寄りください
[PR]

# by toshiohm | 2010-10-09 23:22 | 税金・登記など
2010年 10月 06日
24時間換気の騒音
施主の寝室の天井裏付近に設置された24時間換気装置のブロワーが低周波騒音を発生させていて、夜間は非常に気になるのでOFFにしている。この状況は先日ハイレンハウスがブロワーの周りをロックウールで厳重に覆ってくれて、幾分改善したものの、ハラワタに響くような低周波音はまだ続いていた。まあこの程度ならいいか、なのだが、昨日空調屋さん(ユニテック)とハイレンハウスのNさんが来てくれて、防振ダンパ(写真)をブロワーのつりボルト4カ所に取り付けてくれたのだった。
c0215738_11265652.jpg
効果絶大。空調屋さんも「防振ダンパの取り付けは標準にするべきですね」というくらい明らかにちがう。めでたしめでたしだったのだ。
これをもってハイレンハウスさんとOH邸の関係はいよいよ一段落ということになる。ほんとうによくやっていただいた。これからもいろいろなことをお願いしたくなる工務店だ。残念な事にこれからは有料になるが、ここなら、あらゆる工事をリーズナブルな価格で(もちろん安いという意味だ)やってくれるだろう。
さて、昨日の夜、久しぶりに24時間換気装置を稼働したまま寝る事にした。騒音はかなり減っていたものの、夜聞いてみるとやはり少し気になる。大小2台あるブロワーのうち大きい方のブロワーはOFFにして深い眠りについたのだった。

英語のブログも書いてます
Small Talk in English 英語で話そう
よろしければお立ち寄りください
[PR]

# by toshiohm | 2010-10-06 11:28 | 住宅設備
2010年 10月 01日
床下の湿度
床暖房の関係で床下は外気に対して密閉された構造になっている。これが湿気に対してどうなのか、モアの社長は自信満々だが、なにぶんにもデータがない。夏のデータとして遅ればせながら測定してみた。
場所は風呂場脱衣所兼洗面場の床下だ。床下への進入口でもある。この場所を選んだのはここが最も湿度的な条件が悪いからだ。床下換気装置は二台設置されており、吸気ガラリは4カ所換気装置から最も遠い場所に設けてあるが、風呂場下は直接空気の通り道になっていない。湿ったら進入口の蓋を開放すればいいや程度の気持ちだったが、ここが大丈夫なら他はもっと大丈夫というものだろう。c0215738_16513785.jpg
床下換気装置はタイマーで夜中の12時にONし、朝6時半にOFFする設定だ。ちゃんと深夜の安い電力で運転されるようになっていることは言うまでもない。
左グラフの横軸は9月の日にちだ。まず、湿度は...た、た、高い。80%程度ある。換気装置がONになると5%ほど低下するが、またOFFになると元にもどっている。これを繰り返しながら全体にわずかに低下しているトレンドにあるようにも見える。最近では75%だ。これは室内に比べてもちろん高い。室内は空調していた(最近はしていない)からどんなに高くても65%を超えたことはない。これはおそらく床暖房のスラブや、基礎コンの水が抜けていないことによるのだろう。ただ、換気装置をまわすたびに漂ってきた床下の臭気はここのところ殆ど感じなくなった。モアのオヤジが言うように冬場に床下温度を上げたときにどれくらい乾いてくるのかが楽しみだ。
外気の湿度変化も示してあるが、外気との相関はほとんど見て取れない。当たり前か。

c0215738_16582545.jpg次に温度だが、これは換気の影響を殆ど受けていない。だが、これはこの場所が袋小路になっているし、床暖房のスラブが大きな熱容量となっているから当然ともいえるのだ。よく見るとシャワーを浴びたり、風呂に入ったりしたときに少しだけ温度が上昇しているのがわかる。
こちらの方は外気温の影響を二日から三日程度の遅れを持って受けてきているように見える。家の温度に追随したものと思われる。
家の中の温度(2階リビングの気温)も26度だったのが外気の影響で最低24度Cまで2度低下している。床下温度がいつも室温より1~2°低いのはなぜなんだろう。温度計誤差か?
それにしても外気が16°まで下がったのにリビングの最低気温が何もしないで(時々窓を開けて冷やしたりしているにもかかわらず)24度を維持しているのはいかにも冬場に強そうな住宅といった雰囲気だ。
データロガ-が一台だったので今回は比較という意味で非常に不満。比較的安いのを見つけたので早速2台本日発注した。

Small Talk in English 英語で話そう
[PR]

# by toshiohm | 2010-10-01 17:24 | 基礎
2010年 09月 29日
完了
先日から懸案になっていたダクトスペースの断熱工事だ。当初予定した発泡ビーズの充填はうまく中まで入り込まない可能性があり、またセルロース繊維の吹き込みはバカ高いので、結局職人さんたちが狭小スペースに入り込んでスタイロフォーム板を貼付けていく方法が確実でいいだろうということになった。これはこれで大変な作業だ。ダクトスペースは全部で7カ所。内一箇所は断念。しかし6カ所でも昨日4人今日3人の結構大きな工事になった。

c0215738_2119652.jpg

外に張り出した狭いスペースに小さく壁に開けた窓から40cmほどの奥行きのスペースの中に作業する方が入る。中は太いダクトが入っているので板を切って小さくして入れていかなければならないから大変だ。施主も入ってみたが、脚がつりそうになった。

c0215738_21194043.jpg

スペース内部。たしかに何も断熱されていない。


c0215738_6441044.jpg

50mm厚さのスタイロフォーム板を切って壁にはめ込んで行く。継ぎ目の部分はハンディフォームなる発泡ウレタンで、隙間をうめる。

c0215738_21232370.jpg

内部に貼り終わったらまた入り口に50mmスタイロフォーム板を2枚重ねて貼って蓋をする。現場監理のNさんが持っているのが発泡ウレタンスプレーとガンだ。ここもキチンと封止する。
これらの一連の作業を行った箇所が都合6カ所会ったのだから4人で二日がかりもうなずける


c0215738_214714100.jpg

石膏ボードを貼って壁紙で修復だ。終わった後は、どこが開口部だったかちょっと目にはわからない。壁紙屋さんもさすがにプロだ。継ぎ目のわからない貼り方を教えてもらった。いざとなったら自分でもできるようにするためだ。白い二つの箱は太陽電池のDC-DCコンバータと思われる


これで断熱にやましいところは一つもなくなって冬を迎える事ができるというものだ。
「ここまでやらなくても」とあるいは思われたかもしれない。しかし、施主の偏執狂的こだわりにいやな顔一つせずつきあってくれたのだ。今回の断熱漏れの話は、現場にいながらちゃんと指摘しなかった当方にもやましいところはある。しかし、そのことは一言も言わず、あるいは「そこまでやらなくても」とか「本当に必要ですか」などとも一言も言わず、計画から施工まで大変な工事を責任をもってやって頂いたハイレンハウスさんにはただただ感謝するのみだ。
開閉がこのところの雨で少しおかしくなっていた二つのテラスドアと窓一つも調整していただいた。おまけに庭いじりでこちらが掘り出したガラや石ころまで持って帰ってくれたのだ。
これをもってわが家の工事も本当に完了したわけだが、これでNさんも来なくなるかと思うと、寂しい気がしたりするのだった。ホントお世話になりました。
と思ったら、来週24時間換気装置のブロワーに防振ダンパーを取り付けてくれるそうだ。夜間切っているので忘れていた。ちゃんと覚えていてくれた。あとバルコニーのデッキを見積ってもらおう。バルコニーの手すりが高過ぎるので床の方を持ち上げるのだ。住宅エコポイントで工事してもらえるといいのだが。。。


英語のブログも書いてます
Small Talk in English 英語で話そう
[PR]

# by toshiohm | 2010-09-29 22:17 | 断熱
2010年 09月 22日
太陽電池考(3)分散パネルの総合発電量
さて、前回の懸案であった異なる向きに異なる枚数の太陽電池が設置されたわが家の場合の総合発電量の時間推移を計算してみる。
傾斜角度25度で設置したそれぞれ南南東24枚、西南西9枚のパネルの総合出力ということになる。

c0215738_18521168.jpg
この図は夏至の時だ。朝七時ごろから、西向きパネルが貢献し始めるために曲線の曲率が変化している(矢印赤)。特徴的なのは夕方で南南東向きのパネルの出力がゼロになっても西南西向きパネルがしつこく夕暮れまで働いている(矢印青)。これは「夕方まで粘るなぁ」という我々が漠然と感じている印象と符合している。

c0215738_956522.jpg

冬至の時はどうだろう。西向きパネルの貢献しだす時間が朝8時30分ごろと遅くなっている。しかも夕方の粘りが発揮される前に日が沈んでしまう。残念だ。

c0215738_9588100.jpg実際のデータと比べるとどうなってるんだろうか。秋分に近いデータ(9月10日)と比較してみる。計算値の方は規格化しているし発電効率もわからないので適当な効率を仮定して比較した。しかもデータを探してみるときれいに一日中発電している日はなく、雲が通ったりしてガタガタの曲線だ。比較的ましなものの各時間のピーク発電量を選んだ。全然合わないだろうと予想していたが、意外にも結構よく傾向が出ている。とくに夕方の断末魔の粘りはデータにも現れていた。こんな計算でも少しは役に立つんだ。

9枚を西南西向きにした年間発電量は33枚のパネル全てを南南東向きに設置したと仮定したときと比べて、計算上1.5%程度低下するにすぎない。
ただ気になるのは真夏のピークに一日あたり最大34Kwhあったものが最近では最大26Kwhしかでない。計算上は夏至と秋分で14%の低下しかないはずなのに23%も低下している。もちろん気象条件の差もあろうが、主たる原因は東側に建っているビル群による午前中の日陰だろうと考えている。南南東向きが主体なのはこの点が不利なのだ。日が傾くほどこの影響は大きくでる。わが家は西側には遮るものが全くないので、どちらかといえば西の方に向いている方がその点では有利だが、そんなことで家の向きを決めたら本末転倒というものだろう。同じ立地であれば、最大効率の得られる設置方法を検討する事の重要性は変わらない。売電は累積的だ。だからこそもう少し設置前にこの辺の検討を行うプロがいてもいいのではないだろうか。

英語のブログも書いてます
Small Talk in English 英語で話そう
[PR]

# by toshiohm | 2010-09-22 11:10 | 省エネ・太陽電池
2010年 09月 20日
灯火
c0215738_11263788.jpgいかにもどうでもいいような照明に見えるが、実は80歳だ。爺さんの代に前の前の家で40年間使われていたものを、親父の代に前の家でまた40年使い、そして今度の新築の家でも使おうとした。それだけ古く愛着もある。
しかし、取り付けてもらおうと中を見ると、配線がボロボロ。電気工事のHさんも、安全の観点からとてもお薦めできません、だったのだ。真鍮製でバラす事もできない。そこに救世主のようにあらわれたのが、現場監理のNさんであった。
「なんとかやってみましょう」
そして、持って帰っちゃったのだ。それが一昨日戻ってきた。どうやったのか聞くと、旧配線の端に糸を結んで、ぼろぼろになった線が切れないように慎重に引き出して、その糸に新しい配線を結びつけて引き出すという方法だった。パンツのゴムを取り替えるあの要領だ。取り替えた事はないが...
取り付け工事の方はHさんが行ってくれて、かくして、老眼が進行中のOH邸ママの作業台を優しく照らしてくれることになったのである。
おそらくその他の部分もぼろぼろだったのだろう。東急ハンズで必要な部品を買ってくる暇がなかなかとれなかったとのことだ。そこまでしてくれるのは「ビフォアー・アフター」の世界だけではなかったのだ。

Nさんのお陰でなんとか生き延びた灯火は、また次の40年、自分がいなくなっても、その灯を灯し続けるのだろう。ありがとうございます。

Small Talk in English 英語で話そう
よろしければお立ち寄りください
[PR]

# by toshiohm | 2010-09-20 11:28 | ハウスメーカー
2010年 09月 18日
ついに来た!
東京都税務課からの住宅の調査だ。中年男女のペアで電動アシスト自転車に乗ってはるばる中目黒からやって来たのだった。あそこからだと15分はかかる。
あいさつもそこそこ、早速リビングで家の説明をすることに。おじさん調査官が手に持っていたのは、なんと表題登記のときに自分が描いて提出した平面図ではないか。
「それ私がかいたんです」
「ほぅ、そうですか」いかにもどうでもよさそうな反応だ。
図面には各階の外形しか描かれていないので間取りなどは全くわからない。おじさん調査官は3センチ角ほどのその小さい図に間取りを書き込みだしたのだ。見かねて
「設計図面をコピーしましょうか?」
「そうして頂けると助かります」
コピーして渡した。こうして恩を売っておくに越したことはない。
「見積書を見せていただけますか?」
「はいはい」見積書を持ってきた。おばさん調査官が分厚い見積書のページをめくりながら、メモをとってゆく。おじさんの方はそのメモを横目で見ながら、チェック表のようなものにチェックしてゆく。盗み見ると、外壁タイルとか全館空調とか、床暖房とか書かれている。なるほどこういうもので固定資産税があがっていくのか。
床暖房の範囲を聞かれたので正直に答える。一階ほとんどだからこれも査定額にきいてくるんだろうなぁ。
これが終わると、ツアーだ。各部屋を案内する。和室では、
「この部屋の壁は塗りですね」
もうちゃんと見積書で調べている。はい、というしかない。
あと聞かれたのは、システムキッチンと洗面台の大きさ。わからないというと図面から測った。
大きさと台数が関係あるらしい。でかいのが二台ずつあるから絶望的だ。
それから雑巾を洗うシンクが風呂場横にあったのもチェックされた。よくいわれるコンセントの数などは図面上もツアーでも全く無関心であった。

ツアー後の歓談で、登記簿上3階になっているのが確認検査では2階になっている件について聞かれた。法務局の指導に従ったまでで、本来2階であることを強調した。その方が税金が安くなると思ったからだ。いままで三階建ての設計では法的にさんざんいじめられてきたので、税金的も同様と考えてしまう。しかし、後から渡された「不動産と税金」なる小冊子を読むと、三階建ては固定資産税の減額措置が5年であるのに二階建てでは3年であることがわかった。うーん、三階建てを強調しておけばよかったか。
おそるおそる取得税がいくら位か聞いてみる。
「仮に査定額が2千万としましょう。減免措置が1200万ありますのでその差800万に対して3%、すなわち24万円ほどになります。」
「24万ですかぁ...大きいですね」
「残念ながらお宅の場合、これではすまないと思います。家が大きいですし、設備もご立派ですので」
なにー?憤懣のはけ口をさがす。
「だいたい、消費税をとっておいて取得税までとるとは税金の二重取りではないですか?」
「消費税は国税、取得税は地方税になっております」と、おじさん調査官。
だからどうだっての?「国税だって地方税だってとられる方には変わりないでしょ」
おばちゃんの調査官が同情するように「そうですよねー」
なんだか言っている自分が虚しくなってきた。こんなところで不満を口にしたところで税制が変わった試しはない。できるだけここは好印象を与えて評価額が低い事を祈るしかない。
「お暑い中、自転車で外回りとはいくら電動アシストとはいえ大変なお仕事ですよね」
急にわざとらしく話題を変えてみた。戦って勝てないのならすり寄るしかない。するとひとしきり、家を誉めてくれてわきあいあいになったのだった。そのおかげではないと思うが、最後に耳寄りな情報をくれた。築25年以上経った家を壊して新築した場合、新旧の家の名義が同一人か、同居の親族の場合に3年間固定資産税がゼロになるというものだ。わが家の場合はまさにこれに当てはまる。固定資産税は1200万の減額がない代わりに税率が1.7%(国税、地方税)だ。2000万であったとしても34万円だ。取得税よりも酷い。とくに拙宅の場合は大きいので、120平米までに適用される減免措置(半分にする)があっても結局3/4弱は支払わねばいけなくなる。しかし、上記の100%免除措置があればこれは関係なくなる。しかも3年後には物価の変動がなければ評価額は70%になっているはずだ。
ハイレンハウスもこのことは教えてくれなかった。知らなかったのなら税金のことももっと勉強しておいた方がいいだろう。
この措置は国として耐震化の促進のためだというが、そうであればもっと広報しなければ意味ない。しかし急に晴れ晴れした気分になった。
最後にいつごろ査定結果が分かるのか聞いた。普通は来年なのだが、二週間後に教えてくれることを約束して、二人連れ立って自転車で去って行ったのだった。

英語のブログも書いてます
Small Talk in English 英語で話そう
[PR]

# by toshiohm | 2010-09-18 10:08 | 税金・登記など
2010年 09月 11日
太陽電池考(2)
わが家の太陽電池パネルは24枚が30度真南より東を向いて、また9枚が60度真南より西を向いていて、要するに互いに直角に取り付けられている。この場合にどうなるのか。前回の続きなのだ。

c0215738_21554782.jpg

まず30度東を向いた(南南東)メインのパネルを真南向きと比較してみよう。
左図はパネルへの入射角度の時間変化を示している。ピークに達する時間が早まっているものの、夏至も冬至も(春分秋分も)予想通り真南向きと大差ない。夏至のときのピーク角度はむしろ高くなっているぞ。冬至のときは低くなってるけど。

c0215738_2223824.jpgじゃあ西へ60度向いた方はどうだろう。こちらはどちらかといえば西向きパネルといっていいのに夏至の場合は思ったほど変わってない。しかし注目すべきはピーク角度だ。遅くピークを迎えるのは当然だが、なんと南向きよりも高くなってむしろ90度に近づいているではないか。こんな事は一見起こりえないように見えるが、よーく考えてみると実は確かに起こるのだ。
これなら西向き(西南西)パネルの方がいいではないかと早とちりしてはいけない。冬至を見て見よう。

c0215738_22105567.jpg

今度は西向き(西南西)は南向きよりだいぶ低くなってしまった。見るからに発電量も低くなりそうだ。まだパネルにはいい角度で日が当たっているのに突然プツリと日が暮れてしまう。

一勝一敗、結局は年間発電量だ、ということになる。年間発電量を計算するのは面倒なので、夏至・春秋分・冬至の3つの平均を取ってみる事にしよう。全く正確さを欠くがそれほど的外れでもないだろう。真南向きを100として

南南東(真南より30度東向き) 98.1
真南      100
西南西(真西より30度南向き) 93.0
真西      84.3

となり、意外にも南南東で2%、西南西で7%しか低下しない。なーんだそんなもんか。だいたい南を向いていればいいって感じでそれほど向きは気にすることはない。ただ西南西から30度回して真西にすると急に16%もの低下になる。ここから北向きには恐らく急激な低下になると思われるから、北向きパネルはよほど太陽電池好きな人でない限りやめた方がいいが、傾斜を小さくできるなら、先日計算したパネル傾き0度の計算に近くなるので、あながち北向き全部がダメというわけでもなさそうだ。
以上の話は傾き25度の話であり、傾きが急になるほど向きの影響は大きくなる。したがって傾き35度とかいうとやはり計算し直してやらないと危ない。

さあこれで90度異なる向きに取り付けられたわが家の太陽光パネルの発電特性が計算できる。それは次回。実際のデータはどうなってるんだろう?



英語のブログも書いてます
Small Talk in English 英語で話そう
よろしければお立ち寄りください
[PR]

# by toshiohm | 2010-09-11 23:06 | 省エネ・太陽電池
2010年 09月 10日
秋風
c0215738_11544816.jpg今朝の外気はさわやかで、ようやくにして秋の気配がまざりこんできている。
入居以来初めてバルコニーのテラスドアを開放して外気を入れてみた。やはり自然の風は気持ちがいい。
開けたのはいいのだが、テラスドアが閉まりにくくなっていたぞ。少し下の部分が当たっているようだ。北欧から来た木材は日本の高温多湿に驚いて変形してしまったのか?大きい窓はいかにも変形しそうだ。もう一カ所しまりにくい部分があった。この二つはもともと少し閉まりにくい感じがあった。ひどくなったようだ。今度またNさんにお願いしよう。
それにしてもバルコニーを二段にしたのはよかった。二段目からの西側に開けた眺望がすばらしい。2.5階のフロアーレベルと2階の屋根の高さが1.4mほどで登りやすい点もよい。一段目につける予定だったパーゴラもオーニングに急遽変えたのも正解だった。二段目からの眺望を邪魔しないからだ。この設計も最初から意図したわけではなく「それならこうできる」的な発想からたどりついたものだが、バルコニーが手頃な値段でなければ実現しなかっただろう。ハイレンハウスは防水工事を得意としており、大手メーカーの下請け工事もしているのだ。大手のバカ高いマージン抜きで施工してくれているわけだ。



英語のブログも書いてます
Small Talk in English 英語で話そう
[PR]

# by toshiohm | 2010-09-10 11:43
2010年 09月 09日
8月分電気料金
太陽電池の続きを書こうと思っていたら、電気料金の請求書が来てしまった。

31日間の内訳は

昼間 9 kwh
朝晩 179 kwh
夜間 153 kwh
低圧電力 829kwh 
売電 464 kwh

家がどれだけの電力を消費したかに興味があるのだが、これだけ見てもわからない。太陽光発電が消費にまわった電力が書かれていないのだ。これは わざわざ太陽電池パネルのデータから計算しなければならない。

太陽光総発電量669kwhー売電量464kwh=205kwhだ。
実は昼間は214kwhも使っていたわけで3つの時間帯で一番多い。これには冷房費は入っていないから、なんなんだろう。

これを加えると
全消費量1,375Kwh
いくら2世帯で大きい家だと言っても結構多いなぁ。
電力的には706kwhの赤字

電気代としては
支出 20,810円
売電収入 22,272円
で1,400円の黒字

電力料金のからくりにより本来の赤字を黒字化させて頂いた訳だ。こういったインセンティブはいつ終了されても文句はいえない。エコカー補助金が予定の9月末を待たずしていかに突然終了してしまったかをみればわかるだろう。従ってわれわれはこういった政府の思惑に惑わされる事なく、おいしいところをしっかりといただきつつも、消費電力そのものを減らすべく努力すべきなのだ。

まず減らしがいのあるところからやるのが正道だ。なんといっても低圧電力だろう。これは全て全館空調に消費されているのであって、これを何とかすれば良い。
まずは24時間運転している空気循環ブロワーだ。これは260kwhにもなるから例えば夜間を中心に時々停止しただけで100kwhくらいの節約できそうだ。
次に設定温度だ。新築の感激を十分に味わい尽くすために26度設定にしてある。これを27度設定に変えるだけでもかなり変わるはずだ。そういえば国の奨励設定温度は28度だったっけ。
まだ施工の終わっていない、ダクトスペースの断熱欠損も一枚かんでいる可能性はある。
夏に天ぷらを揚げない、魚を焼かない、パンはトーストにしない、シャワーを毎日浴びない、なんてのも理論的には冷房電力を節約する事になる。理論は理論であって実践はむずかしいしそこまでやると偏執狂のそしりはまぬがれないだろう。しかし、まあこうやって学習しながら来年どうなるかが楽しみというものだ。だが、電力黒字にはなりそうもないなぁ。
ちなみに今回の電気料金2万円は、旧家の夏の電気代(昼間一部屋冷房、夜間2部屋冷房)が2万5千円程度だったことを考えると、全館(10部屋+トイレ二つ+風呂場+玄関+26畳の納戸)空調をしてのことだから、格段によくなっている。さらにガス代も不要になったのだから、技術の進歩とはおそろしくもすばらしいではないか。


英語のブログも書いてます
Small Talk in English 英語で話そう
よろしければお立ち寄りください
[PR]

# by toshiohm | 2010-09-09 22:30 | 省エネ・太陽電池
2010年 09月 07日
太陽電池考(1)
1000Kwhを達成してから、太陽電池はどう置いたら最もうまく働いてくれるかを考えていたのだ。考えた果てがどうなろうと手遅れだが、こちらが寝転んでテレビを見ている間にも文句も言わずに稼いでくれているのだから、それくらいはせめてもの罪滅ぼしだろう。不労所得は罪深いと感じる世代なのだった。

週末暇だったので計算を始めたが、意外に面倒だ。地球の運動と太陽との関係に関する深い(深くもないか)理解が必要だからだ。Q値計算プログラム「キューチ君」よりも相当大変だ。高校時代にならった空間ベクトルがこんなところで役に立つとは夢にも思わなかった。勉強はしておくものなのだ。座標変換を使えばもっと簡単だったかもしれないと思いつつ最後まで作り上げたプログラムは「そーらーいいわ」とすでに命名され結果を出している。この結果がもし間違っていて、これを参考にして甚大な被害を被る方がいても^^;)、当方は全く責任を持たないことは言うまでもない。以下の計算は東京(緯度34.5度)で太陽電池を真南に向けたときの計算値だ。
c0215738_1134294.jpg
さて上のバレバレのエクセルグラフを見ていただきたい。太陽光がパネルにあたる角度と時刻の関係を示している。太陽光パネルの設置角度は0度、要するに真上を向いている。夏至の日の南中高度は78.5度、冬至では31.5度と理論通りだ。夏至と冬至とでは太陽の角度が大きく異なっており、これを一日の発電量に換算すれば夏至を100%として

   春分秋分で69%、
   冬至では37%

まで低下してしまうのだ。37%では冬の太陽電池ははお休みしているようなものだ。これは由々しき問題だ、ということでパネルは皆様がおっしゃるように傾けなければならないのだった。わが家のパネルのメインは25度傾けてある。それで計算するとどうだろう。それが下のグラフだ。
c0215738_1143577.jpg
春分秋分と夏至の差は殆どなくなり、しかも冬至であってもパネル角度0度の場合の春分秋分と同じ位まで引き上げられている。恐るべき角度の効果だ。この時の発電量はやはりパネル0度の夏至の場合を100%とすると

   夏至 90%
   春分秋分 84%
   冬至 67%

最大に対する最小は73%と一年中それ程変わらぬ発電量を維持してくれる。角度0度と比べて発電量は通年でも大きな差が出ることは明らかだ。計算してみるとパネル角度は東京では25から35度位が年間発電量が最も大きいようだ。(粗い計算なのだがだいたいそんなもんだろう。)

下のグラフは冬至の場合を比較したものだ。
c0215738_1151093.jpg
パネル角度を25度にした方は日の出とともにいきなり太陽の入射角度が10度を越えているいることに気がつくだろう。考えてみれば当たり前だ。地平線から太陽が昇ったとき地面と平行の光線に対して角度がつけてあるのだから。要するにゲタをはいているのだ。そのゲタ効果によって冬至のときの発電量はパネル角度を25度にすることでほぼ倍増する。

一方夏至のときはどうだろうか。下の図だ。
c0215738_1155781.jpg
パネル角度を25度にしても東京では南中時の太陽光入射角度は殆ど変わらない(実は法線に対して反対側から入射しているのだが)。しかしパネルに対する日の出の時間が遅くなり、日没時間が早くなる。つまり日が出ているのにパネルの裏側に日が当たるような状態になる時間帯があるのだ。主としてそのせいで、夏至のときにパネルを25度に傾けると90%の発電量に低下する。ただ、都会の場合には近隣の建物の影響で日の出と同時にパネルに日が当たり、日没まで日がさしているという家は少ないだろう。とするとこの差はさらに縮まってくる。うーん、おもしろい。

実際の設置はこんなきれいごとではすまないことは承知だ。日影の効果はレイトレースかなんかしないと難しくなる。おそらくそういったソフトも売られているであろう。しかし解析的な手法で得られる結果は、解析者にインスピレーションをもたらしてくれることを忘れてはならないだろう。

さて、普通太陽光パネルを真南に向けて設置できるご家庭は少ないのではないだろうか。わが家の場合は約30度西を向いている。この場合はどうなるのか。その計算は次回。

英語のブログも書いてます
Small Talk in English 英語で話そう
[PR]

# by toshiohm | 2010-09-07 11:06 | 省エネ・太陽電池